「日蓮主義」は進歩する! ― 東都で国体思想研究会〔7月17日〕

7月17日(金)夕方、新宿区内の喫茶室にて、国体思想研究会の第53回定例研究会が開催され、里見岸雄の『吼えろ日蓮』を輪読した。

今回の範囲は、第二章「此のあはれなる日蓮主義者を見よ」のうち、八「日蓮感傷主義者の泣事」・九「臆病なる日蓮主義者」・一〇「この夥しきデモ日蓮」である。

「日蓮主義」を自称する者の多くは、日蓮主義を既に完成したものとして進歩を嫌う。それゆえ、ある者は感傷に浸り、ある者は古典教学の研究に耽溺する。酷い者になると、淫祀邪教で大衆を誑かす一方、偉そうに日蓮主義に関する御高説を垂れて愧じることがない。これらは皆、宗祖・日蓮の名を汚すものだ。

現実に展開されている血みどろの闘争を直視し、理論と実践の両面に於て日蓮主義を完成することが今日以後の日蓮を信仰する者に課せられていると、里見は強調する。これは、今日においても同様と云わざるを得ない。(東山邦守)

関連記事

  1. グローバリゼーションと日本国体―金子編集長が都内で講演〔3月30日〕

  2. 聖徳太子と今上陛下 ― 東都で民族文化研究会〔8月23日〕

  3. 雨中に先人を偲ぶ ― 内田良平の命日に合わせ多磨霊園内の墓所を巡拝〔7月26日〕

  4. 学界に一石を投じる ― 《昭和12年学会》第1回研究大会〔11月11日〕

  5. 「神皇正統記」・岡倉天心・水戸学 ― 先人たちの足跡を辿る〔7月6日~7日〕

  6. 諸葛亮と陶淵明 ― 第5回『靖献遺言を読む会』を読む会(6月2日)

  7. 日本と世界を如何に見るか ― 東京で千田会主催の講演会〔11月24日/25日〕

  8. 「国体」の実践 ― 国体学講座(第6期)最終講〔2月23日〕

  9. 古典宗学への拘泥も否、新仏教学への耽溺も否 ― 東都で国体思想研究会〔3月6日〕

今月の人気記事





PAGE TOP