「日蓮主義」は進歩する! ― 東都で国体思想研究会〔7月17日〕

7月17日(金)夕方、新宿区内の喫茶室にて、国体思想研究会の第53回定例研究会が開催され、里見岸雄の『吼えろ日蓮』を輪読した。

今回の範囲は、第二章「此のあはれなる日蓮主義者を見よ」のうち、八「日蓮感傷主義者の泣事」・九「臆病なる日蓮主義者」・一〇「この夥しきデモ日蓮」である。

「日蓮主義」を自称する者の多くは、日蓮主義を既に完成したものとして進歩を嫌う。それゆえ、ある者は感傷に浸り、ある者は古典教学の研究に耽溺する。酷い者になると、淫祀邪教で大衆を誑かす一方、偉そうに日蓮主義に関する御高説を垂れて愧じることがない。これらは皆、宗祖・日蓮の名を汚すものだ。

現実に展開されている血みどろの闘争を直視し、理論と実践の両面に於て日蓮主義を完成することが今日以後の日蓮を信仰する者に課せられていると、里見は強調する。これは、今日においても同様と云わざるを得ない。(東山邦守)

関連記事

  1. 尊皇倒幕のバイブル ― 第1回『靖献遺言』を読む会〔1月20日〕

  2. ベルギー前国王が落胤を庶子として認知〔1月27日〕

  3. 早稲田と愛国 ― 東京で民族文化研究会東京地区第23回定例研究会〔11月17日〕

  4. 「正統」とは何か ― 東京で崎門学研究会〔5月5日〕

  5. 正定事件から宮沢俊義まで ― 昭和12年学会第4回公開研究会〔4月20日〕

  6. 尺八から元号まで ― 京都で民族文化研究会〔4月20日〕

  7. 相互扶助と祖霊祭祀 ― 京都で民族文化研究会〔3月21日〕

  8. 三島精神の回顧 ― 東京と福岡で憂国忌〔11月23日/25日〕

  9. 浸透する韓国人 ― 高山正之氏が東京で講演〔11月23日〕

今月の人気記事





PAGE TOP