先人を偲ぶ ― 大アジア主義研究会有志が谷中墓地内の墓所を巡拝(6月27日)

6月27日、大アジア研究会有志が谷中霊園を訪問。

鳩山一郎(元首相)、横山大観(日本画家・岡倉天心の弟子)、来島恒喜(玄洋社社員で大隈重信に爆裂弾を投げつけた後に自決)、村岡典嗣(日本思想史の泰斗・東北帝国大学教授)、鷲津毅堂、丹羽賢(ともに尾張藩士で勤王派として活躍)の墓所に参拝。先人に思いを致した。〔愚泥〕

関連記事

  1. 台湾に残る日本精神 ― 拳骨拓史氏が千田会で講演〔6月23日〕

  2. 「超限戦」に備えよ ― 東都で渡部悦和氏が講演〔9月27日〕

  3. 福田恒存、そして西郷隆盛 ― 京都で民族文化研究会例会〔9月22日〕

  4. 日本の台湾・朝鮮統治 ― 東京で国体文化講演会〔1月17日〕

  5. 亜細亜の復興を目指して―『大亜細亜』(第7号)発行/興亜観音訪問〔12月23日〕

  6. 「傲慢だぞ日蓮主義者」・「阿片的宗教意識」 ― 東京都内で国体思想研究会〔11月29日〕

  7. 「正気歌(せいきのうた)」 ― 東京都内で『靖献遺言』を読む会〔10月15日〕

  8. 加藤友三郎を再評価する ― 東京で白石仁章氏が講演〔11月30日〕

  9. 「尊皇絶対平和」と「ヌミノーゼ」 ― 民族文化研究会関西地区研究会〔5月23日〕

今月の人気記事

  1. 登録されている記事はございません。




PAGE TOP