先人を偲ぶ ― 大アジア主義研究会有志が谷中墓地内の墓所を巡拝(6月27日)

6月27日、大アジア研究会有志が谷中霊園を訪問。

鳩山一郎(元首相)、横山大観(日本画家・岡倉天心の弟子)、来島恒喜(玄洋社社員で大隈重信に爆裂弾を投げつけた後に自決)、村岡典嗣(日本思想史の泰斗・東北帝国大学教授)、鷲津毅堂、丹羽賢(ともに尾張藩士で勤王派として活躍)の墓所に参拝。先人に思いを致した。〔愚泥〕

関連記事

  1. 尺八から元号まで ― 京都で民族文化研究会〔4月20日〕

  2. 激動の時代に対する覚悟を ― 潮匡人氏が千田会で講演〔7月15日〕

  3. 古典宗学への拘泥も否、新仏教学への耽溺も否 ― 東都で国体思想研究会〔3月6日〕

  4. 真の勇者とは ― 東都で崎門学研究会(9月6日)

  5. 学界に一石を投じる ― 《昭和12年学会》第1回研究大会〔11月11日〕

  6. 声明からファーブルまで ― 東京と京都で民族文化研究会〔11月3日/25日〕

  7. 山崎闇斎の学統を受け継いで―『﨑門学報』(第14号)発行〔12月1日〕/保建大記を読む会〔12月2日…

  8. 自衛隊の足を引っ張る内閣法制局 ― 川又弘道陸将が講演〔3月9日〕

  9. より広汎な経済対策を ― 福岡のフリーランサー団体が首相官邸に要望書を提出〔3月9日〕

今月の人気記事





PAGE TOP