三島由紀夫に捧げる一人演劇 ― 福岡で憂国忌〔11月23日〕

11月23日、筥崎宮(福岡市)において第四十九回・福岡憂国忌(三島由紀夫・森田必勝両烈士慰霊祭)が挙行された。

神事、式典に続いて中島淳一氏(演劇家)による記念公演『金色の炎 三島由紀夫没五十年に捧ぐ』が上演された。福岡憂国忌は福岡黎明社が主催し、毎年有識者が記念講演を行ってきたが、演劇の上演は今回が初めて。中島氏は画家としても世界的に著名で、「一人演劇」という新しいジャンルを確立した異色の芸術家として知られている。今回は三島由紀夫の長編小説『金閣寺』を独自に解釈して新たに制作し、上演に至った。中島淳一氏は昭和六十一年から一人演劇の制作・上演を行なっており、演目は「ナザレのイエス」「釈迦」「孔子」「空海」「龍馬」「吉田松陰」「信長」など四十五作を超える。〔本山貴春〕

関連記事

  1. イタリア人から現代日本への警告 ― 三島由紀夫研究会公開講座〔2月25日〕

  2. 書家にして義人・顔真卿 ― 第2回『靖献遺言』を読む会〔2月3日〕

  3. 「雪中の松柏」 ― 東都で崎門学研究会〔1月19日〕

  4. 「近代化」とは何か ― 京都で民族文化研究会〔12月21日〕

  5. モンゴルという視点 ― 東都で昭和12年学会公開研究会〔2月22日〕

  6. 台湾に残る日本精神 ― 拳骨拓史氏が千田会で講演〔6月23日〕

  7. 余命半年の中国・韓国経済 ― 宮崎正弘氏が千田会で講演〔7月13日〕

  8. 気象予報士の半井小絵さん 福岡で拉致問題をテーマに講演〔3月20日〕

  9. 「国体」の実践 ― 国体学講座(第6期)最終講〔2月23日〕

今月の人気記事

  1. 登録されている記事はございません。




PAGE TOP