「近代化」とは何か ― 京都で民族文化研究会〔12月21日〕

12月21日午後、貸会議室オフィスゴコマチ(京都市)にて、民族文化研究会関西地区第20回定例研究会が開催された。

報告者は、相川絹二郎氏と湯原静雄氏。

まず、相川氏が、「近代トルコにおける言語純化運動」と題し、近代トルコのナショナリストが展開した言語純化運動を概観した。近代トルコでは、アラビア語やペルシャ語から多大な影響を受けていたトルコ語の現状に問題意識をもつナショナリストが、雑誌「若いペン」を創刊し、トルコ語の純化運動である「新言語運動」を展開した。本報告では、こうした外国の言語純化運動を踏まえ、日本語をいかに外来語から防衛し、純化させていくか、という問題まで議論が及んだ。

続いて、湯原静雄氏が、「近世日本経済思想史における自由と統制――近代的市場観の登場」と題し、近世日本経済思想における近代的市場観の形成過程を概観した。ライシャワーやロストウによる日本近代化論を受け、藤井定義らを中心として、経済思想史研究でも、前近代日本において自発的な近代化の萌芽が見られたとする議論が出現している。本報告では、こうした議論から影響受けつつ、近世日本経済思想を概観することによって、そこでの近代的市場観の発展を描き出した。

その後、里見岸雄『討論天皇』を輪読した。〔湯原静雄〕

関連記事

  1. 「正気歌(せいきのうた)」 ― 東京都内で『靖献遺言』を読む会〔10月15日〕

  2. 保田與重郎は萬葉集を如何に読んだか―大神神社で再興・第6回桜井かぎろひ忌〔10月4日〕

  3. モンゴルという視点 ― 東都で昭和12年学会公開研究会〔2月22日〕

  4. 亜細亜の復興を目指して―『大亜細亜』(第7号)発行/興亜観音訪問〔12月23日〕

  5. 「明治の精神」を問い直す ― 東京で国体文化講演会〔12月7日〕

  6. 神武建国を偲ぶ ― 東都で第36回紀元節奉祝式典〔2月11日〕

  7. 正気と尊厳 ― 東都で『靖献遺言』を読む会〔12月22日〕

  8. 日本と世界を如何に見るか ― 東京で千田会主催の講演会〔11月24日/25日〕

  9. 支那の虚像と実態 ― 東京で昭和12年学会公開研究会〔5月18日〕

今月の人気記事

  1. 登録されている記事はございません。




PAGE TOP