吉田松陰「留魂録」を読む ― 千葉で第一回・浦安日本塾が開講(6月27日)

6月27日、第一回・浦安日本塾が開講された。

「我が国の神話や歴史を学び、偉大な先人たちの生き方を学ぶことで、皇室を戴く我が国の国柄に誇りを持ち、グローバル社会のなかでしっかりとした歴史観・国家観を持つ真の日本人となることを目指」す同塾では、古典を読んだり、外部講師を呼んだりなど様々な活動を撤回していくという。

今回は、吉田松陰の『留魂録』が取り上げられ、主催者である浦安市議会議員の浦安龍則氏(崎門学研究会代表・大アジア研究会副代表)から吉田松陰の事跡と思想について説明がなされた後、『留魂録』を輪読した。(愚泥)

関連記事

  1. 天皇論の形而上学 ― 東都で歿後49年・三島由紀夫氏追悼の集い「憂国忌」〔11月25日〕

  2. 尺八から元号まで ― 京都で民族文化研究会〔4月20日〕

  3. 「革命」は現在進行形である ― 東京でフランス革命を見直す国際シンポジウム〔7月13日・14日〕

  4. 保田與重郎は萬葉集を如何に読んだか―大神神社で再興・第6回桜井かぎろひ忌〔10月4日〕

  5. 国学者と神道人 ― 京都で民族文化研究会〔1月11日〕

  6. 昭和12年における軍事と外交 ― 昭和12年学会第3回公開研究会〔3月16日〕

  7. 書家にして義人・顔真卿 ― 第2回『靖献遺言』を読む会〔2月3日〕

  8. 竹下登と権藤正卿 ― 東京で民族文化研究会〔7月21日〕

  9. 加藤友三郎を再評価する ― 東京で白石仁章氏が講演〔11月30日〕

今月の人気記事

  1. 登録されている記事はございません。




PAGE TOP