吉田松陰「留魂録」を読む ― 千葉で第一回・浦安日本塾が開講(6月27日)

6月27日、第一回・浦安日本塾が開講された。

「我が国の神話や歴史を学び、偉大な先人たちの生き方を学ぶことで、皇室を戴く我が国の国柄に誇りを持ち、グローバル社会のなかでしっかりとした歴史観・国家観を持つ真の日本人となることを目指」す同塾では、古典を読んだり、外部講師を呼んだりなど様々な活動を撤回していくという。

今回は、吉田松陰の『留魂録』が取り上げられ、主催者である浦安市議会議員の浦安龍則氏(崎門学研究会代表・大アジア研究会副代表)から吉田松陰の事跡と思想について説明がなされた後、『留魂録』を輪読した。(愚泥)

関連記事

  1. 支那の虚像と実態 ― 東京で昭和12年学会公開研究会〔5月18日〕

  2. 写真で振り返る両陛下の歩み ― 大丸松坂屋百貨店で写真展『天皇皇后両陛下・ともに歩まれた60年展』

  3. 1937年のアクシオン・フランセーズ ― 東都で昭和12年学会公開研究会(3月22日)

  4. 余命半年の中国・韓国経済 ― 宮崎正弘氏が千田会で講演〔7月13日〕

  5. 『保建大記』と「あいちトリエンナーレ」 ― 東都で民族文化研究会〔1月26日〕

  6. 「キシダママ」とは如何なる人か? ― 京都で民族文化研究会〔11月16日〕

  7. 忠臣の鑑・文天祥 ― 第6回「『靖献遺言』を読む会」(8月4日)

  8. 天皇論の形而上学 ― 東都で歿後49年・三島由紀夫氏追悼の集い「憂国忌」〔11月25日〕

  9. 声明からファーブルまで ― 東京と京都で民族文化研究会〔11月3日/25日〕

今月の人気記事





PAGE TOP