吉田松陰「留魂録」を読む ― 千葉で第一回・浦安日本塾が開講(6月27日)

6月27日、第一回・浦安日本塾が開講された。

「我が国の神話や歴史を学び、偉大な先人たちの生き方を学ぶことで、皇室を戴く我が国の国柄に誇りを持ち、グローバル社会のなかでしっかりとした歴史観・国家観を持つ真の日本人となることを目指」す同塾では、古典を読んだり、外部講師を呼んだりなど様々な活動を撤回していくという。

今回は、吉田松陰の『留魂録』が取り上げられ、主催者である浦安市議会議員の浦安龍則氏(崎門学研究会代表・大アジア研究会副代表)から吉田松陰の事跡と思想について説明がなされた後、『留魂録』を輪読した。(愚泥)

関連記事

  1. 護衛艦の雄姿 ― 蒲郡まつりに2隻が来航〔7月28日〕

  2. 中華人民共和国にとっての70年 ― 東都で樋泉克夫氏が講演〔1月25日〕

  3. スペイン前国王の金銭スキャンダル ― かつては、スペイン民主化の立役者として国民の敬愛を集めていたが…

  4. 共産主義を巡る諸問題 ― 東京で王権学会〔8月26日〕

  5. 米中対立の底流と東南アジアの現状 ― グローバリゼーション研究所講演会〔1月26日〕

  6. 「神皇正統記」・岡倉天心・水戸学 ― 先人たちの足跡を辿る〔7月6日~7日〕

  7. 正定事件から宮沢俊義まで ― 昭和12年学会第4回公開研究会〔4月20日〕

  8. 中国を巡る最新情勢 ― 東都で千田会〔9月6日〕

  9. 「正統」とは何か ― 東京で崎門学研究会〔5月5日〕

今月の人気記事

  1. 登録されている記事はございません。




PAGE TOP