気象予報士の半井小絵さん 福岡で拉致問題をテーマに講演〔3月20日〕

平成31年3月20日、NHKの元気象キャスターで女優の半井小絵さんが福岡市で拉致問題をテーマに講演した。北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会(藤井守人代表)が総会に合わせて開催し、市民ら約70名が参加した。

半井小絵さんは9年間ほどNHKの気象キャスターを務め、現在では気象や防災の専門家として活動している他、政府主催の拉致問題啓発劇『めぐみへの誓い–奪還–』で拉致被害者・田口八重子さん役を演じるなど女優としても活躍している。

半井さんは講演の中で、「私も最近まで拉致問題に対する関心は薄く、みんなが平和な気持ちで仲良くなれば世界は平和になると思っていたが、拉致被害者の役を演じることで考えが変わった」と述べた。

また、「気象予報士として防災問題に取り組んでいるが、防災と防衛は根本的に同じ」「北朝鮮による拉致は政治問題ではなく国家による犯罪」などと指摘し、政府に対して現実主義に立って拉致被害者を救出するよう求めた他、一般国民に対しても千名近くいるとされる特定失踪者の存在を知って欲しいと述べた。

講演を聞いた市民からは「そんなにたくさんの人が拉致されているとは知らなかった。半井さんの講演に心を打たれた」などの感想が聞かれた。

関連記事

  1. 顔真卿の同志・張巡 ― 第3回『靖献遺言』を読む会〔3月3日〕

  2. グローバリゼーションと日本国体―金子編集長が都内で講演〔3月30日〕

  3. 諸葛亮と陶淵明 ― 第5回『靖献遺言を読む会』を読む会(6月2日)

  4. 黄色いベスト運動の真相 ― フランス国王・ルイ20世のお言葉〔12月8日〕

  5. 三味線から日本的刑法まで ― 京都で民族文化研究会〔3月9日〕

  6. 明治天皇の御聖徳を偲ぶ ― 桃山御陵参拝団〔11月3日〕

  7. 鯨食文化の復興はなるか ― 政府がIWC(国際捕鯨委員会)から脱退〔12月26日〕

  8. 【広告】1789~2019 フランス革命から230年、伝えられなかった真実を見直そう〔7/13・7/…

  9. 支那の虚像と実態 ― 東京で昭和12年学会公開研究会〔5月18日〕

今月の人気記事





PAGE TOP