相互扶助と祖霊祭祀 ― 京都で民族文化研究会〔3月21日〕

3月21日(土)午後、貸会議室オフィスゴコマチ(京都市)にて、民族文化研究会関西地区第23回定例研究会が開催された。今回の定例研究会は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、外部参加者の出席を認めず、規模を縮小した内部研究会として開催された。

報告者は望月浚渫氏と竹見靖秋氏。

まず、望月氏が、「日本の相互扶助システム ― 無尽講あるいは頼母子講」と題し、近世における金融制度である無尽講(頼母子講)について考察した。無尽講とは、金銭や物品を加入者の間で支出し、あらかじめ決定しておいた規則に基づき、それらの金銭や物品を分配する制度である。無尽講は、その分配システムによって、保険から金融、さらには賭博まで多様な性格をもつが、本報告では相互扶助という側面に着目する。

続いて、竹見氏が、「伊勢周辺の霊祭系教会」と題し、伊勢市の周辺にある祖霊社(祖先の御霊を祀る祠宇)の現状を概観した。明治期、これまで仏教が独占していた葬儀・祖先祭祀の領域へと、神道が進出することになった。廃仏毀釈によって、これまでの地域の菩提寺が消失し、神道が葬儀・祖先祭祀の新たな担い手として期待されることになったのである。

こうした葬儀・祖先祭祀という役割を果たすため、神葬祭や祖霊祭祀に特化した「霊祭系教会」が出現した。とりわけ、伊勢神宮が教派神道の特立の際に設けた「神宮教」(のち「神宮奉斎会」)傘下の神道教会が、こうした性格を強くもつ。本報告では、神宮教系列である伊勢市周辺の「霊祭系教会」の現状を概観することで、神道を基軸とした地域に根付いた祖霊祭祀の在り方を検討した。

その後、里見岸雄『討論天皇』を輪読した。

関連記事

  1. 「革命」は現在進行形である ― 東京でフランス革命を見直す国際シンポジウム〔7月13日・14日〕

  2. 顔真卿の同志・張巡 ― 第3回『靖献遺言』を読む会〔3月3日〕

  3. 「前近代」という基盤 ― 京都で民族文化研究会〔10月19日〕

  4. 批判的聖教量価値認識の必要性 ― 東都で国体思想研究会・第52回例会(6月19日)

  5. 保田與重郎は萬葉集を如何に読んだか―大神神社で再興・第6回桜井かぎろひ忌〔10月4日〕

  6. 三島由紀夫作品の朗読会『花ざかりの森』『天人五衰』〔3月23日〕

  7. 朝鮮戦争の英雄を訪ねて ― 拳骨拓史先生と巡る韓国歴史巡りツアー〔11月24日~25日〕

  8. 法案の早期提出を―請願署名百万達成!〈明治の日法案提出促進院内集会〉〔10月30日18

  9. スペイン前国王の金銭スキャンダル ― かつては、スペイン民主化の立役者として国民の敬愛を集めていたが…

今月の人気記事





PAGE TOP