相互扶助と祖霊祭祀 ― 京都で民族文化研究会〔3月21日〕

3月21日(土)午後、貸会議室オフィスゴコマチ(京都市)にて、民族文化研究会関西地区第23回定例研究会が開催された。今回の定例研究会は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、外部参加者の出席を認めず、規模を縮小した内部研究会として開催された。

報告者は望月浚渫氏と竹見靖秋氏。

まず、望月氏が、「日本の相互扶助システム ― 無尽講あるいは頼母子講」と題し、近世における金融制度である無尽講(頼母子講)について考察した。無尽講とは、金銭や物品を加入者の間で支出し、あらかじめ決定しておいた規則に基づき、それらの金銭や物品を分配する制度である。無尽講は、その分配システムによって、保険から金融、さらには賭博まで多様な性格をもつが、本報告では相互扶助という側面に着目する。

続いて、竹見氏が、「伊勢周辺の霊祭系教会」と題し、伊勢市の周辺にある祖霊社(祖先の御霊を祀る祠宇)の現状を概観した。明治期、これまで仏教が独占していた葬儀・祖先祭祀の領域へと、神道が進出することになった。廃仏毀釈によって、これまでの地域の菩提寺が消失し、神道が葬儀・祖先祭祀の新たな担い手として期待されることになったのである。

こうした葬儀・祖先祭祀という役割を果たすため、神葬祭や祖霊祭祀に特化した「霊祭系教会」が出現した。とりわけ、伊勢神宮が教派神道の特立の際に設けた「神宮教」(のち「神宮奉斎会」)傘下の神道教会が、こうした性格を強くもつ。本報告では、神宮教系列である伊勢市周辺の「霊祭系教会」の現状を概観することで、神道を基軸とした地域に根付いた祖霊祭祀の在り方を検討した。

その後、里見岸雄『討論天皇』を輪読した。

関連記事

  1. 中共の対米工作/国体論の諸相 ― 東都で昭和12年学会公開研究会〔8月29日〕

  2. 写真で振り返る両陛下の歩み ― 大丸松坂屋百貨店で写真展『天皇皇后両陛下・ともに歩まれた60年展』

  3. 忠臣たるものは二君に仕えず ― 『靖献遺言』を読む会〔5月23日〕

  4. 乃木大将と山鹿流 ― 崎門学研究会特別講座〔9月1日〕

  5. 「明治の精神」を問い直す ― 東京で国体文化講演会〔12月7日〕

  6. 山崎闇斎の学統を受け継いで―『﨑門学報』(第14号)発行〔12月1日〕/保建大記を読む会〔12月2日…

  7. 「神皇正統記」・岡倉天心・水戸学 ― 先人たちの足跡を辿る〔7月6日~7日〕

  8. 昭和12年における軍事と外交 ― 昭和12年学会第3回公開研究会〔3月16日〕

  9. 鯨食文化の復興はなるか ― 政府がIWC(国際捕鯨委員会)から脱退〔12月26日〕

今月の人気記事





PAGE TOP