より広汎な経済対策を ― 福岡のフリーランサー団体が首相官邸に要望書を提出〔3月9日〕

3月9日、個人事業主や自営業者を構成員とするたフリーランサー団体「サムライ☆ユニオン準備委員会」(福岡市)は、新型コロナウイルス感染症による景気悪化を受けて、大規模減税と全国民一律現金給付を求める要望書を首相官邸に提出し、受理された。

その要望書にもある通り、「フリーランスの人口が千百万人を超えたともいわれる中、これらの人々に気を配ることは、日本国としても重要課題」であり、全国民一律現金給付は将来における「ベーシックインカム」の試行実験として時代を先取りするものでもある。

なお、サムライ☆ユニオンは本誌に平成三〇年一月号から十二月号にかけて連載された「共同体の遺伝子」(本山貴春)において構想された互助共同体の創設を目指して結成されたもので、福岡市内にて月例の勉強会も開始している。〔本山貴春〕

関連記事

  1. 激動の時代に対する覚悟を ― 潮匡人氏が千田会で講演〔7月15日〕

  2. 旧イタリア王室で当主の継承を巡る争いが表面化〔1月14日〕

  3. 諸葛亮と陶淵明 ― 第5回『靖献遺言を読む会』を読む会(6月2日)

  4. 「近代化」とは何か ― 京都で民族文化研究会〔12月21日〕

  5. 真の気概とは ― 東都で崎門学研究会〔2月15日〕

  6. 気象予報士の半井小絵さん 福岡で拉致問題をテーマに講演〔3月20日〕

  7. 大正の大嘗祭を偲ぶ ― 愛知県岡崎市にて六ツ美悠紀斎田お田植えまつり〔6月2日〕

  8. 尺八から元号まで ― 京都で民族文化研究会〔4月20日〕

  9. 克服すべきは近代主義 ― 東京でカトリック復興の集い〔12月1日〕

今月の人気記事





PAGE TOP