早稲田と愛国 ― 東京で民族文化研究会東京地区第23回定例研究会〔11月17日〕

11月17日午後、早稲田奉仕園にて民族文化研究会(会長:輿石逸貴弁護士)東京地区第23回定例研究会が開催された。

報告者は、阪本浩氏と渡貫賢介氏(同会東京支部長)。

阪本氏の報告は「平家物語雑感」。教科書その他で知られた『平家物語』の文章の一部を実際に音読した上で、描かれた人物・事件について確認し、そこに現れた日本的情感についての検討がなされた。

渡貫氏の報告は「早稲田と愛国」。左翼的な傾向が強いと認識されがちな早稲田大学の歴史をひもとき、草創期の人々の尊皇思想、大正期の左右対立、戦時期の事件などを振り返り、早稲田大学に尊皇・愛国の伝統があることを確認した。〔渡貫賢介〕

関連記事

  1. 真の勇者とは ― 東都で崎門学研究会(9月6日)

  2. 悲劇の国王を偲び奉る ― ルイ16世追悼ミサ〔1月21日〕

  3. 御召列車がなくなる?―行幸啓における列車などの貸し切りを止めることを検討していると報道〔12月15日…

  4. 神道から琵琶楽まで―京都で民族文化研究会〔12月16日〕

  5. 東京裁判の再検討 ― 東都にて王権学会の特別研究会〔10月3日〕

  6. 自己反省なき「遺言」 ― 西尾幹二ロングインタビュー

  7. 神武建国を偲ぶ ― 東都で第36回紀元節奉祝式典〔2月11日〕

  8. 近代日本と満洲 ― 第57回国体文化講演会〔3月15日〕

  9. 米中対立の底流と東南アジアの現状 ― グローバリゼーション研究所講演会〔1月26日〕

今月の人気記事

  1. 登録されている記事はございません。




PAGE TOP