『保建大記』と「あいちトリエンナーレ」 ― 東都で民族文化研究会〔1月26日〕

1月26日午後、早稲田奉仕園にて民族文化研究会(会長:輿石逸貴弁護士)東京地区第24回定例研究会が開催された。

報告者は、折本龍則氏(浦安市議会議員)と輿石逸貴氏。

折本氏の報告は「『保建大記』の今日的意義について」。自身が出版した『崎門学と「保建大記」 皇政復古の源流思想』(崎門学研究会・令和元年)を紹介しつつ、栗山潜峰『保建大記』が説いた大義名分、南朝正統論の今日的意義を説いた。

輿石氏の報告は、「あいちトリエンナーレ問題から考える人権」。昨年起こったあいちトリエンナーレを巡る一連の事件について、展示に対する擁護論に対して法律家としての立場から批判を加えた。〔渡貫賢介〕

関連記事

  1. 尊皇倒幕のバイブル ― 第1回『靖献遺言』を読む会〔1月20日〕

  2. 神武建国を偲ぶ ― 東都で第36回紀元節奉祝式典〔2月11日〕

  3. 台湾に残る日本精神 ― 拳骨拓史氏が千田会で講演〔6月23日〕

  4. 「神皇正統記」・岡倉天心・水戸学 ― 先人たちの足跡を辿る〔7月6日~7日〕

  5. 「草莽」とは何か ― 浦安日本塾〔10月24日〕

  6. 「雪中の松柏」 ― 東都で崎門学研究会〔1月19日〕

  7. フランスの司法と平成の大嘗祭 ― 東京で民族文化研究会〔4月28日〕

  8. 中共の対米工作/国体論の諸相 ― 東都で昭和12年学会公開研究会〔8月29日〕

  9. 大正の大嘗祭を偲ぶ ― 愛知県岡崎市にて六ツ美悠紀斎田お田植えまつり〔6月2日〕

今月の人気記事





PAGE TOP