『保建大記』と「あいちトリエンナーレ」 ― 東都で民族文化研究会〔1月26日〕

1月26日午後、早稲田奉仕園にて民族文化研究会(会長:輿石逸貴弁護士)東京地区第24回定例研究会が開催された。

報告者は、折本龍則氏(浦安市議会議員)と輿石逸貴氏。

折本氏の報告は「『保建大記』の今日的意義について」。自身が出版した『崎門学と「保建大記」 皇政復古の源流思想』(崎門学研究会・令和元年)を紹介しつつ、栗山潜峰『保建大記』が説いた大義名分、南朝正統論の今日的意義を説いた。

輿石氏の報告は、「あいちトリエンナーレ問題から考える人権」。昨年起こったあいちトリエンナーレを巡る一連の事件について、展示に対する擁護論に対して法律家としての立場から批判を加えた。〔渡貫賢介〕

関連記事

  1. 「御代替わりに際して~あらためて国体とは何か」― 金子編集長が三島由紀夫研究会で講演〔4月19日〕

  2. 荒木精之と神風連 ― 東都で三島由紀夫研究会〔7月22日〕

  3. 中東世界と一帯一路 ― 京都で民族文化研究会〔2月15日〕

  4. 崎門学の先人を偲ぶ ― 京津の史蹟を歴訪〔2月22日~24日〕

  5. 川面凡児の神道思想 ― 京都で民族文化研究会例会〔8月31日〕

  6. 聖徳太子と今上陛下 ― 東都で民族文化研究会〔8月23日〕

  7. 日本の台湾・朝鮮統治 ― 東京で国体文化講演会〔1月17日〕

  8. 昭和12年における軍事と外交 ― 昭和12年学会第3回公開研究会〔3月16日〕

  9. 「明治の精神」を問い直す ― 東京で国体文化講演会〔12月7日〕

今月の人気記事





PAGE TOP