『保建大記』と「あいちトリエンナーレ」 ― 東都で民族文化研究会〔1月26日〕

1月26日午後、早稲田奉仕園にて民族文化研究会(会長:輿石逸貴弁護士)東京地区第24回定例研究会が開催された。

報告者は、折本龍則氏(浦安市議会議員)と輿石逸貴氏。

折本氏の報告は「『保建大記』の今日的意義について」。自身が出版した『崎門学と「保建大記」 皇政復古の源流思想』(崎門学研究会・令和元年)を紹介しつつ、栗山潜峰『保建大記』が説いた大義名分、南朝正統論の今日的意義を説いた。

輿石氏の報告は、「あいちトリエンナーレ問題から考える人権」。昨年起こったあいちトリエンナーレを巡る一連の事件について、展示に対する擁護論に対して法律家としての立場から批判を加えた。〔渡貫賢介〕

関連記事

  1. 国を亡ぼすまで戦う覚悟 ― 東都で崎門学研究会(6月13日)

  2. 観念宗学を撃つ ― 東京都内で国体思想研究会〔1月31日〕

  3. 近現代音楽と俳諧系神道結社 ― 京都で民族文化研究会関西支部例会〔5月18日〕

  4. 筝曲・神道・紀元節・大嘗祭 ― 東京と京都で民族文化研究会〔2月9日/16日〕

  5. 福田恒存、そして西郷隆盛 ― 京都で民族文化研究会例会〔9月22日〕

  6. 明治天皇の御聖徳を偲ぶ ― 桃山御陵参拝団〔11月3日〕

  7. 約20万人が拝観 ― 東京国立博物館で高御座・御帳台が特別公開〔12月22日~1月19日〕

  8. 気象予報士の半井小絵さん 福岡で拉致問題をテーマに講演〔3月20日〕

  9. 相互扶助と祖霊祭祀 ― 京都で民族文化研究会〔3月21日〕

今月の人気記事

  1. 登録されている記事はございません。




PAGE TOP