『保建大記』と「あいちトリエンナーレ」 ― 東都で民族文化研究会〔1月26日〕

1月26日午後、早稲田奉仕園にて民族文化研究会(会長:輿石逸貴弁護士)東京地区第24回定例研究会が開催された。

報告者は、折本龍則氏(浦安市議会議員)と輿石逸貴氏。

折本氏の報告は「『保建大記』の今日的意義について」。自身が出版した『崎門学と「保建大記」 皇政復古の源流思想』(崎門学研究会・令和元年)を紹介しつつ、栗山潜峰『保建大記』が説いた大義名分、南朝正統論の今日的意義を説いた。

輿石氏の報告は、「あいちトリエンナーレ問題から考える人権」。昨年起こったあいちトリエンナーレを巡る一連の事件について、展示に対する擁護論に対して法律家としての立場から批判を加えた。〔渡貫賢介〕

関連記事

  1. 三島由紀夫に捧げる一人演劇 ― 福岡で憂国忌〔11月23日〕

  2. 支那の虚像と実態 ― 東京で昭和12年学会公開研究会〔5月18日〕

  3. 御召列車がなくなる?―行幸啓における列車などの貸し切りを止めることを検討していると報道〔12月15日…

  4. 昭和12年学会公開研究会・第2回〔2月16日〕

  5. 昭和12年における軍事と外交 ― 昭和12年学会第3回公開研究会〔3月16日〕

  6. 声明からファーブルまで ― 東京と京都で民族文化研究会〔11月3日/25日〕

  7. トランプ大統領の世界史的役割―吉川圭一氏の出版記念会(3月25日)

  8. 明治天皇の御聖徳を偲ぶ ― 桃山御陵参拝団〔11月3日〕

  9. 忠臣たるものは二君に仕えず ― 『靖献遺言』を読む会〔5月23日〕

今月の人気記事

  1. 登録されている記事はございません。




PAGE TOP