近代日本と満洲 ― 第57回国体文化講演会〔3月15日〕

3月15日夕方、学士会館(東京都千代田区)にて第57回国体文化講演会が開催され、宮田昌明氏〔文学博士(京都大学)・里見日本文化学研究所客員研究員〕が「近代日本と満洲」と題して講演した。

まず、宮田氏は清朝時代の満洲を振り返る。同地は満洲族の故地であったが、有力者が清朝の首都とされた北京に移ったために荒廃する。そのため、漢族の移住を認めた結果、20の初頭になると満洲族は少数派となってしまった。

そうした満洲と日本が関わりを持つようになったのは、日清戦争からである。それから満州国の瓦解に至る約50年間の日本の満洲政策を中華民国・ロシア・アメリカの動向なども踏まえながら概観した。

その上で、宮田氏は、日本主導で建国された満州国が目指したものは、①行政機構としての自立、②経済共同体としての自立、③そうした枠組の下における少数民族の権利保護、と概括することができ、それは第二次世界大戦後において西欧諸国の植民地が独立して国民国家を築こうとした動きの先駆的形態として再評価すべきではないかと結んだ。〔金子宗德〕

関連記事

  1. 万葉集と日本文化 ― 東京で民族文化研究会例会〔9月8日〕

  2. 相互扶助と祖霊祭祀 ― 京都で民族文化研究会〔3月21日〕

  3. 正定事件から宮沢俊義まで ― 昭和12年学会第4回公開研究会〔4月20日〕

  4. 竹下登と権藤正卿 ― 東京で民族文化研究会〔7月21日〕

  5. 立場の隔たりを認めつつ学術的基礎を踏まえた建設的議論 ― 大阪で「皇室の弥栄を祈る」討論会〔12月2…

  6. 近代啓蒙主義とフランス革命への懐疑 ― 東都で王権学会公開研究会〔1月29日〕

  7. 克服すべきは近代主義 ― 東京でカトリック復興の集い〔12月1日〕

  8. ベルギー前国王が落胤を庶子として認知〔1月27日〕

  9. 「雪中の松柏」 ― 東都で崎門学研究会〔1月19日〕

今月の人気記事

  1. 登録されている記事はございません。




PAGE TOP