近代日本と満洲 ― 第57回国体文化講演会〔3月15日〕

3月15日夕方、学士会館(東京都千代田区)にて第57回国体文化講演会が開催され、宮田昌明氏〔文学博士(京都大学)・里見日本文化学研究所客員研究員〕が「近代日本と満洲」と題して講演した。

まず、宮田氏は清朝時代の満洲を振り返る。同地は満洲族の故地であったが、有力者が清朝の首都とされた北京に移ったために荒廃する。そのため、漢族の移住を認めた結果、20の初頭になると満洲族は少数派となってしまった。

そうした満洲と日本が関わりを持つようになったのは、日清戦争からである。それから満州国の瓦解に至る約50年間の日本の満洲政策を中華民国・ロシア・アメリカの動向なども踏まえながら概観した。

その上で、宮田氏は、日本主導で建国された満州国が目指したものは、①行政機構としての自立、②経済共同体としての自立、③そうした枠組の下における少数民族の権利保護、と概括することができ、それは第二次世界大戦後において西欧諸国の植民地が独立して国民国家を築こうとした動きの先駆的形態として再評価すべきではないかと結んだ。〔金子宗德〕

関連記事

  1. 亜細亜の復興を目指して―『大亜細亜』(第7号)発行/興亜観音訪問〔12月23日〕

  2. 混迷する香港情勢を読み解く ― 東京で樋泉克夫氏が講演〔9月28日〕

  3. 能楽から見沢知廉まで ― 京都で民族文化研究会〔1月13日〕

  4. 支那の虚像と実態 ― 東京で昭和12年学会公開研究会〔5月18日〕

  5. 克服すべきは近代主義 ― 東京でカトリック復興の集い〔12月1日〕

  6. 三島由紀夫作品の朗読会『花ざかりの森』『天人五衰』〔3月23日〕

  7. トランプ大統領の世界史的役割―吉川圭一氏の出版記念会(3月25日)

  8. 吉田茂の虚像 ― 東京で杉原誠四郎氏の講演会〔5月19日〕

  9. 乃木大将と山鹿流 ― 崎門学研究会特別講座〔9月1日〕

今月の人気記事





PAGE TOP