写真で振り返る両陛下の歩み ― 大丸松坂屋百貨店で写真展『天皇皇后両陛下・ともに歩まれた60年展』

平成の御代がいよいよ終わりに近づくにつれ、この30年を振り返る種々の行事が行われている。大丸松坂屋百貨店が、各新聞社と共催している写真展『天皇皇后両陛下・ともに歩まれた60年』もその一つだ。

先般、大阪に行く所用があったので、大丸梅田店15階の大丸ミュージアムで開催されている同展を見学した。

同展は宮内庁侍従職が監修しており、以下の構成に従って約200枚の写真が配列されていた。

  • 序 章 節目のあの時
  • 第1章 ご成婚
  • 第2章 お二人で始められた新たな御公務
  • 第3章 様々な儀式と行事に臨まれて
  • 第4章 引き継がれた伝統とご日常
  • 第5章 平和への祈りと旅
  • 第6章 世界の国々と御交流
  • 第7章 ご家族との日々
  • 第8章 両陛下のお幸せを願って

写真の中には拝したことのないものも多く、タリバーンにより破壊されてしまったバーミヤン大仏の前で撮られた記念写真など貴重な一枚もあった。また、それぞれの写真に関連する陛下の「お言葉」も奉掲されており、感激を新たにした。

大丸梅田店での開催は3月4日に終了するが、3月20日(水)より4月1日(月)まで松坂屋名古屋店および大丸福岡天神店にて、4月17(水)より30日(火)まで大丸京都店にて開催予定。

同展に足を運ぶことができない方には、出展された写真を掲載した記念写真集『天皇皇后両陛下 ともに歩まれた60年』が出版されている。〔三浦充喜〕

関連記事

  1. 米中対立の底流と東南アジアの現状 ― グローバリゼーション研究所講演会〔1月26日〕

  2. 御召列車がなくなる?―行幸啓における列車などの貸し切りを止めることを検討していると報道〔12月15日…

  3. 克服すべきは近代主義 ― 東京でカトリック復興の集い〔12月1日〕

  4. フランスの司法と平成の大嘗祭 ― 東京で民族文化研究会〔4月28日〕

  5. 三島由紀夫作品の朗読会『花ざかりの森』『天人五衰』〔3月23日〕

  6. 声明からファーブルまで ― 東京と京都で民族文化研究会〔11月3日/25日〕

  7. 「明治の日」制定に大きな一歩 ― 祝日法改正案の原案が固まる〔12月13日〕

  8. 三味線から日本的刑法まで ― 京都で民族文化研究会〔3月9日〕

  9. 尊皇倒幕のバイブル ― 第1回『靖献遺言』を読む会〔1月20日〕

新着記事

PAGE TOP