写真で振り返る両陛下の歩み ― 大丸松坂屋百貨店で写真展『天皇皇后両陛下・ともに歩まれた60年展』

平成の御代がいよいよ終わりに近づくにつれ、この30年を振り返る種々の行事が行われている。大丸松坂屋百貨店が、各新聞社と共催している写真展『天皇皇后両陛下・ともに歩まれた60年』もその一つだ。

先般、大阪に行く所用があったので、大丸梅田店15階の大丸ミュージアムで開催されている同展を見学した。

同展は宮内庁侍従職が監修しており、以下の構成に従って約200枚の写真が配列されていた。

  • 序 章 節目のあの時
  • 第1章 ご成婚
  • 第2章 お二人で始められた新たな御公務
  • 第3章 様々な儀式と行事に臨まれて
  • 第4章 引き継がれた伝統とご日常
  • 第5章 平和への祈りと旅
  • 第6章 世界の国々と御交流
  • 第7章 ご家族との日々
  • 第8章 両陛下のお幸せを願って

写真の中には拝したことのないものも多く、タリバーンにより破壊されてしまったバーミヤン大仏の前で撮られた記念写真など貴重な一枚もあった。また、それぞれの写真に関連する陛下の「お言葉」も奉掲されており、感激を新たにした。

大丸梅田店での開催は3月4日に終了するが、3月20日(水)より4月1日(月)まで松坂屋名古屋店および大丸福岡天神店にて、4月17(水)より30日(火)まで大丸京都店にて開催予定。

同展に足を運ぶことができない方には、出展された写真を掲載した記念写真集『天皇皇后両陛下 ともに歩まれた60年』が出版されている。〔三浦充喜〕

関連記事

  1. 「キシダママ」とは如何なる人か? ― 京都で民族文化研究会〔11月16日〕

  2. 中共の対米工作/国体論の諸相 ― 東都で昭和12年学会公開研究会〔8月29日〕

  3. 吉田松陰「留魂録」を読む ― 千葉で第一回・浦安日本塾が開講(6月27日)

  4. 尺八から元号まで ― 京都で民族文化研究会〔4月20日〕

  5. 克服すべきは近代主義 ― 東京でカトリック復興の集い〔12月1日〕

  6. 中共の人権弾圧に抗議する国際的連帯行動 ― 東都でResist China 日本(10月1日)

  7. 古典宗学への拘泥も否、新仏教学への耽溺も否 ― 東都で国体思想研究会〔3月6日〕

  8. 京都御所とは如何なる場所か?/橘守部の神道思想 ― 京都で民族文化研究会(6月20日)

  9. モンゴルという視点 ― 東都で昭和12年学会公開研究会〔2月22日〕

今月の人気記事





PAGE TOP