日蓮主義者とマルクスボーイとの問答 ― 東都で第48回国体思想研究会〔10月11日〕

10月11日、台風19号が接近する中、新宿にて第48回国体思想研究会が開催された。

8月から始めた『吼えろ日蓮』の輪読も、今回で3度目。同書は、若き日の里見岸雄博士が「形而上学的権威に対する所謂religious faith」を批判し、「日蓮の思想を、可能なる發展的理解に於て再現」しようとしたもの。出席者が順番に一文一文を輪読し、仏教の専門用語を始めとする難解な表現については、金子編集長が作成した用語集を確認しながら丁寧に読み進めている。

今回は、第一章「序説」の二「日蓮主義者とマルクスボーイとの問答」を中心に輪読。そこでは、伝統教学を振り翳す日蓮主義者に対して、マルクスボーイは現実社会に目を向けよと声高に主張している。これは日蓮主義にかかわらず、思想を重視する者の陥り易い過ちである。

関連記事

  1. 明治天皇の御聖徳を偲ぶ ― 桃山御陵参拝団〔11月3日〕

  2. モンゴルという視点 ― 東都で昭和12年学会公開研究会〔2月22日〕

  3. 尊皇倒幕のバイブル ― 第1回『靖献遺言』を読む会〔1月20日〕

  4. 思想的混迷の由来 ― 東京でカトリック復興の集い〔6月1日〕

  5. 本義を保つべく ― 東京で新嘗を祝ふ集ひ〔11月23日〕

  6. 自己反省なき「遺言」 ― 西尾幹二ロングインタビュー

  7. 支那の虚像と実態 ― 東京で昭和12年学会公開研究会〔5月18日〕

  8. 信仰を貫くとは? ― 東京で第19回『宗教問題』読者の集い〔1月17日〕

  9. 早稲田と愛国 ― 東京で民族文化研究会東京地区第23回定例研究会〔11月17日〕

今月の人気記事

  1. 登録されている記事はございません。




PAGE TOP