万葉集と日本文化 ― 東京で民族文化研究会例会〔9月8日〕

9月8日午後、早稲田奉仕園にて民族文化研究会(会長:輿石逸貴弁護士)東京地区第22回定例研究会が開催された。

報告者は、金子編集長(同会顧問)と山本直人氏(同会顧問・東洋大学非常勤講師)。

金子編集長の報告は「保田與重郎と万葉集の精神」と題して、保田の『万葉集の精神』が、近代以降に展開された文献学的な古典読解を批判し、万葉集を古代の国民精神を示した「述志」として位置づけるものであったことを解説した。

山本氏の報告は「日本の元号文化と万葉集」で、新元号公布や元号選定に関する各種資料・報道などを多数紹介し、国書由来の年号が出現するに至る過程を探った。

関連記事

  1. 「明治の精神」を問い直す ― 東京で国体文化講演会〔12月7日〕

  2. 大正の大嘗祭を偲ぶ ― 愛知県岡崎市にて六ツ美悠紀斎田お田植えまつり〔6月2日〕

  3. 西郷隆盛を問い直す ― 東京と姫路で講演会〔11月15日/17日〕

  4. 「前近代」という基盤 ― 京都で民族文化研究会〔10月19日〕

  5. 思想的混迷の由来 ― 東京でカトリック復興の集い〔6月1日〕

  6. 能楽から見沢知廉まで ― 京都で民族文化研究会〔1月13日〕

  7. 学界に一石を投じる ― 《昭和12年学会》第1回研究大会〔11月11日〕

  8. 尊皇倒幕のバイブル ― 第1回『靖献遺言』を読む会〔1月20日〕

  9. 「国体」の実践 ― 国体学講座(第6期)最終講〔2月23日〕

今月の人気記事





PAGE TOP