中東世界と一帯一路 ― 京都で民族文化研究会〔2月15日〕

2月15日午後、貸会議室オフィスゴコマチ(京都市)にて、民族文化研究会関西地区第22回定例研究会が開催された。

今回は、本誌3月号にも御寄稿頂いたノンフィクション作家の小滝透氏をお招きし、「中東世界と一帯一路」と題して中東における宗教問題・民族問題と中国の推進する一帯一路構想の関係を解説頂いた。小滝氏はサウジアラビアのリヤド大学に留学経験があり、中東情勢に詳しい。

小滝氏は、まずイスラム教の宗派間対立を基本的構図とする中東情勢を概観し、続いて一帯一路構想の実像を説明した。小滝氏によると、中国からユーラシア大陸を経由してヨーロッパに繋がる経済圏を形成しようとする一帯一路構想において、中東は重要な地域として位置付けられるが、複雑な中東情勢を鑑みるに、対中東政策は一帯一路構想の蹉跌になりうる。

中国の覇権主義に対応を迫られる日本にとって、一帯一路構想の趨勢は極めて重要な問題である。小滝氏の解説は、こうした問題に対して正確な認識を得る貴重な機会となった。中東情勢についても、わが国では知識を得づらく、学ぶことが多かった。

議論は中国の覇権主義の歴史的背景や中国国内のイスラム教徒に対する弾圧政策にまで及び、活発な質疑応答がなされた。〔湯原静雄〕

関連記事

  1. 朝鮮と如何に向き合うべきか ― 柳宗悦「朝鮮の友に贈る書」百周年記念研究会〔5月23日〕

  2. 「革命」は現在進行形である ― 東京でフランス革命を見直す国際シンポジウム〔7月13日・14日〕

  3. 声明からファーブルまで ― 東京と京都で民族文化研究会〔11月3日/25日〕

  4. 国学者と神道人 ― 京都で民族文化研究会〔1月11日〕

  5. 「傲慢だぞ日蓮主義者」・「阿片的宗教意識」 ― 東京都内で国体思想研究会〔11月29日〕

  6. 能楽から見沢知廉まで ― 京都で民族文化研究会〔1月13日〕

  7. 近代日本と満洲 ― 第57回国体文化講演会〔3月15日〕

  8. 近衛内閣と支那事変 ― 東京で昭和12年学会公開研究会〔1月18日〕

  9. 浸透する韓国人 ― 高山正之氏が東京で講演〔11月23日〕

今月の人気記事





PAGE TOP