陛下のお言葉を拝し奉りて

謹 啓

 この度、天皇陛下にはお言葉を賜りました。
 里見日本文化学研究所・日本国体学会を代表して本研究所所長の金子宗徳が今後如何にしていくべきかについて一文を草しております。
 その全文は「国体文化」九月号にも掲載いたしますが、極めて重要な国体問題でありますので、皆様に一刻も早く御回覧頂きたくお送りする次第です。なお、ウェブサイトにも掲出しております。
 御一読のほどよろしくお願い申し上げます。
                                    敬 具

里見日本文化学研究所
日本国体学会

■陛下のお言葉を拝し奉りて(「国体文化」平成28年9月号)
http://www.kokutaigakkai.com/0809kenkai/
■陛下のお言葉を拝し奉りて〔PDF版〕
http://www.kokutaigakkai.com/wp-content/uploads/267609kenkai.pdf※ PDF版は印刷・頒布など御自由に御利用ください。

関連記事

  1. 「皇太子」とはいかなる御存在か(下)/金子宗徳

  2. 八木秀次論文に違和感あり ― 皇室を尊敬しているとは思えない発言

  3. ダヴォス会議といふ魔界 ―安倍首相の不見識

  4. 八木秀次 ― 不忠の本質

  5. 「国体」を踏まえた新たな御代に相応しい軌範の確立こそが重要

  6. 新潮45の休刊を招いた「杉田論文問題」が示す、皇位継承の危機とは

  7. 「敗戦」の神学 ― 長谷川三千子著『神やぶれたまはず』を読む

  8. ヒアリングを振り返る──三つの観点から

  9. 似而非忠義を討つべし

今月の人気記事

  1. 登録されている記事はございません。




PAGE TOP