葦津珍彦と「荒魂」の研究動向 ― 京都で民族文化研究会〔8月22日〕

8月22日午後、貸会議室オフィスゴコマチ(京都市)にて、民族文化研究会の関西地区第27回定例研究会が開催された。

報告者は半木糺氏と湯原。

まず、半木氏が、「東郷茂彦『「天皇」永続の研究 近現代における国体観と皇室論』を読む」と題し、近現代の国体論・天皇論を幅広く論じた近時の注目作を読み解く。とりわけ、葦津珍彦を扱った第七章が注目され、近時の学界における最新の葦津研究がどのようなものかが検討された。

続いて、湯原が、「近世期における神道神学の展開――中野裕三『国学者の神信仰』を読む(第5回)」と題し、第四編第一章「荒魂考」を読み解いた。「荒魂」とは何を意味するかという問題は、神道における霊魂理解に直結する重要な問題でありながら、未だに定説が存在しない。本章では、本居宣長・橘守部の「荒魂」解釈や、「荒魂」をめぐる神社祭祀を参照しつつ、その実像に迫る。〔湯原静雄〕

関連記事

  1. 「国体」の実践 ― 国体学講座(第6期)最終講〔2月23日〕

  2. 法案の早期提出を―請願署名百万達成!〈明治の日法案提出促進院内集会〉〔10月30日18

  3. 近代日本と満洲 ― 第57回国体文化講演会〔3月15日〕

  4. 淘宮術と鈴木重胤 ― 京都で民族文化研究会〔7月18日〕

  5. 日本と世界を如何に見るか ― 東京で千田会主催の講演会〔11月24日/25日〕

  6. 国を亡ぼすまで戦う覚悟 ― 東都で崎門学研究会(6月13日)

  7. 約20万人が拝観 ― 東京国立博物館で高御座・御帳台が特別公開〔12月22日~1月19日〕

  8. 浸透する韓国人 ― 高山正之氏が東京で講演〔11月23日〕

  9. 本義を保つべく ― 東京で新嘗を祝ふ集ひ〔11月23日〕

今月の人気記事

  1. 登録されている記事はございません。




PAGE TOP