聖徳太子と今上陛下 ― 東都で民族文化研究会〔8月23日〕

8月23日午後、早稲田奉仕園(東京都新宿区)にて、民族文化研究会の東京地区第25回定例研究会が開催された。コロナ禍のため、会長の輿石逸貴氏(弁護士)は静岡県からリモートで参加。

報告者は、同会顧問の金子宗徳氏(本誌編集長)と同会会員の渡辺剛氏。

金子編集長の報告は、「日本仏教における聖徳太子」。歴史書で語られた聖徳太子の生涯を確認した上で、仏教の基本的な概念を確認しながら『三経義疏』と「十七条憲法」の性格を説き、後者については里見岸雄の遺著『聖徳太子』における解釈が紹介された。

渡辺氏の報告は、「歴史家としての天皇陛下」。今上陛下の御研究について大学時代の指導教員や御著作目録などを踏まえながら確認し、陛下の御著書『水運史から世界の水へ』(平成31年)を概観。「水」・「水運」・「水害」にまつわる歴史の研究・発信を通じて日本・世界に貢献しようとする陛下のお気持ちが紹介された。

関連記事

  1. 乃木大将と山鹿流 ― 崎門学研究会特別講座〔9月1日〕

  2. 忠臣たるものは二君に仕えず ― 『靖献遺言』を読む会〔5月23日〕

  3. 先人の営為に学ぶ ― 岐阜で所功氏らが講演〔9月19日〕

  4. 悲劇の国王を偲び奉る ― ルイ16世追悼ミサ〔1月21日〕

  5. 「超限戦」に備えよ ― 東都で渡部悦和氏が講演〔9月27日〕

  6. 楠公崇敬の崇敬の歴史 ― 湊川神社で垣田宮司が講演〔4月21日〕

  7. 自衛隊の足を引っ張る内閣法制局 ― 川又弘道陸将が講演〔3月9日〕

  8. 顔真卿の同志・張巡 ― 第3回『靖献遺言』を読む会〔3月3日〕

  9. 陸羯南の現代的意義 ― 小野耕資氏が東都で講演〔11月8日〕

今月の人気記事





PAGE TOP