三島由紀夫読詠会『潮騒』を読む #三島没後50周年〔1月23日〕

令和2年1月23日、福岡市内で有志により三島由紀夫読詠会が開催された。三島没後50年を記念して毎月開催されているもので、今回は代表作の一つである『潮騒』が題材となった。同作は実に5回にわたって映画化されており、三島文学の中でも特に親しまれている。

主催者の石原志乃武氏(心育研究家)は、「この作品はそれ以前の作品にはない特徴があり、三島文学の新境地となる作品となった。人間の嫌らしさが殆ど描写されておらず、文壇でも議論を呼んだ。『潮騒』執筆を契機に、三島は自己改造を目指したのではないか」などと解説した。

初参加者の一人は、「このような美しい文学に触れることで、改めて日本語の美しさを堪能したいと思った」と述べた。〔MT〕

関連記事

  1. 昭和12年における軍事と外交 ― 昭和12年学会第3回公開研究会〔3月16日〕

  2. 旧イタリア王室で当主の継承を巡る争いが表面化〔1月14日〕

  3. 正気と尊厳 ― 東都で『靖献遺言』を読む会〔12月22日〕

  4. 尊皇倒幕のバイブル ― 第1回『靖献遺言』を読む会〔1月20日〕

  5. 先人を偲ぶ ― 大アジア主義研究会有志が谷中墓地内の墓所を巡拝(6月27日)

  6. 朝鮮と如何に向き合うべきか ― 柳宗悦「朝鮮の友に贈る書」百周年記念研究会〔5月23日〕

  7. 川面凡児の神道思想 ― 京都で民族文化研究会例会〔8月31日〕

  8. 始原を追い求める意志 ― 東都で王権学会の公開研究会〔7月8日〕

  9. 崎門学の先人を偲ぶ ― 京津の史蹟を歴訪〔2月22日~24日〕

今月の人気記事

  1. 登録されている記事はございません。




PAGE TOP