三島由紀夫読詠会『潮騒』を読む #三島没後50周年〔1月23日〕

令和2年1月23日、福岡市内で有志により三島由紀夫読詠会が開催された。三島没後50年を記念して毎月開催されているもので、今回は代表作の一つである『潮騒』が題材となった。同作は実に5回にわたって映画化されており、三島文学の中でも特に親しまれている。

主催者の石原志乃武氏(心育研究家)は、「この作品はそれ以前の作品にはない特徴があり、三島文学の新境地となる作品となった。人間の嫌らしさが殆ど描写されておらず、文壇でも議論を呼んだ。『潮騒』執筆を契機に、三島は自己改造を目指したのではないか」などと解説した。

初参加者の一人は、「このような美しい文学に触れることで、改めて日本語の美しさを堪能したいと思った」と述べた。〔MT〕

関連記事

  1. 万葉集と日本文化 ― 東京で民族文化研究会例会〔9月8日〕

  2. 「正統」とは何か ― 東京で崎門学研究会〔5月5日〕

  3. 「近代化」とは何か ― 京都で民族文化研究会〔12月21日〕

  4. 混迷する香港情勢を読み解く ― 東京で樋泉克夫氏が講演〔9月28日〕

  5. 『保建大記』と「あいちトリエンナーレ」 ― 東都で民族文化研究会〔1月26日〕

  6. 昭和12年における軍事と外交 ― 昭和12年学会第3回公開研究会〔3月16日〕

  7. 山崎闇斎の学統を受け継いで―『﨑門学報』(第14号)発行〔12月1日〕/保建大記を読む会〔12月2日…

  8. グローバリゼーションと日本国体―金子編集長が都内で講演〔3月30日〕

  9. スペイン前国王の金銭スキャンダル ― かつては、スペイン民主化の立役者として国民の敬愛を集めていたが…

今月の人気記事

  1. 登録されている記事はございません。




PAGE TOP