忠臣たるものは二君に仕えず ― 『靖献遺言』を読む会〔5月23日〕

五月二十三日、第十一回「尊皇討幕のバイブル、『靖献遺言』を読む会」を開催した。今回は新型コロナウイルス感染拡大の状況下であることから、skypeを活用したリモート勉強会となった。

今回は前回に引き続き謝枋得についてである。

謝枋得はあくまで宋朝の臣下として死に、元に屈することはなかった。それは「忠臣たるものは二君に仕えず」という信念によるものであった。宋朝は中国史の中でも屈指の儒学に力を置いた王朝であったが、それは形式論に流れ、知識としては知っていても、人倫を体現する人は少なくなっていた。そのため力で優勢な元朝に屈する人が多く、滅びることとなった。

《志士の名言:謝枋得編》
◎「豈某の逃走を憂うるならずや。某は是男子、死なば即ち死なんのみ。不義の為に屈するべからず。なんぞ必ずしも逃走せん。」
(それは拙者が逃走することを恐れてのことであろうが、拙者は男である、殺すならば殺せ、不義のために屈するものではないから、逃走など致すことはござらぬ。)

次回も引き続き謝枋得を輪読する。(愚泥)

関連記事

  1. 声明からファーブルまで ― 東京と京都で民族文化研究会〔11月3日/25日〕

  2. 神道や東洋を巡る様々な思想的営為 ― 京都で民族文化研究会〔6月29日〕

  3. 中華人民共和国にとっての70年 ― 東都で樋泉克夫氏が講演〔1月25日〕

  4. 自衛隊の足を引っ張る内閣法制局 ― 川又弘道陸将が講演〔3月9日〕

  5. フランスの司法と平成の大嘗祭 ― 東京で民族文化研究会〔4月28日〕

  6. 尊皇倒幕のバイブル ― 第1回『靖献遺言』を読む会〔1月20日〕

  7. スペイン前国王の金銭スキャンダル ― かつては、スペイン民主化の立役者として国民の敬愛を集めていたが…

  8. 昭和12年における軍事と外交 ― 昭和12年学会第3回公開研究会〔3月16日〕

  9. 能楽から見沢知廉まで ― 京都で民族文化研究会〔1月13日〕

今月の人気記事





PAGE TOP