「正気歌(せいきのうた)」 ― 東京都内で『靖献遺言』を読む会〔10月15日〕

10月15日、飯田橋にて第7回「尊皇討幕のバイブル、『靖献遺言』を読む会」を開催した。

今回は前回に引き続き文天祥についてである。文天祥は宋の臣下として元と戦い、宋が滅びた後も元と戦うもついに捕らえられた。そんな文天祥が残したのが有名な「正気歌」である。薛瑄は次のように評している。宋が滅びようとして言うときに当たって、宋の大将らは兵を持ちながら元を恐れて降伏するものが相次いだ。その中にあって文天祥は元と戦い続けたのである。その忠賢は歴史を貫いて冠たるもの、常人の到底及び得ぬものである。

《志士の名言:薛瑄編》
◎「その大節、宇宙の間に炳燿軒轟し、凛凛乎として万世君臣の大義を立つ。」
(文天祥の偉大なる節義は、宇宙の間に輝き渡り響き渡り、凛然として万古不変の君臣の大義を確立している。)

次回も引き続き文天祥を輪読する。

(小野耕資)

関連記事

  1. 自己反省なき「遺言」 ― 西尾幹二ロングインタビュー

  2. 米中対立の底流と東南アジアの現状 ― グローバリゼーション研究所講演会〔1月26日〕

  3. 三島由紀夫に捧げる一人演劇 ― 福岡で憂国忌〔11月23日〕

  4. 混迷する香港情勢を読み解く ― 東京で樋泉克夫氏が講演〔9月28日〕

  5. 三島精神の回顧 ― 東京と福岡で憂国忌〔11月23日/25日〕

  6. 御召列車がなくなる?―行幸啓における列車などの貸し切りを止めることを検討していると報道〔12月15日…

  7. 天皇論の形而上学 ― 東都で歿後49年・三島由紀夫氏追悼の集い「憂国忌」〔11月25日〕

  8. 「近代化」とは何か ― 京都で民族文化研究会〔12月21日〕

  9. 始原を追い求める意志 ― 東都で王権学会の公開研究会〔7月8日〕

今月の人気記事

  1. 登録されている記事はございません。




PAGE TOP