近衛内閣と支那事変 ― 東京で昭和12年学会公開研究会〔1月18日〕

1月18日午後、ハロー貸会議室茅場町駅前にて昭和12年学会公開研究会が開催され、宮田昌明氏〔文学博士(京都大学)・里見日本文化学研究所客員研究員〕が「近衛内閣と支那事変」と題して講演した。

宮田氏は、近衛内閣の内閣人事や対中政策での無定見さを批判されながら、戦時体制へ向かう総動員体制の中で、産業組合法(1900)、健康保険法(1922)〔→国民健康保険法(1938)〕、厚生省設置(1938)など、国民の福利厚生が充実していった過程を「コーポラティズム(共同主義)」という政治学の概念を用いながら説明。コーポラティズムは「支那事変の日本側原因を生み出すが、戦時下においては動員機能を果た」すことなく、「地方行政や民間諸団体への依存拡大」を招いたと、その効用と限界を指摘する。

宮田先生の講演後に倉山満事務局長より、「天皇制ファシズムによる『侵略』」や「俗に言う『上意(内閣・軍)下達(民間)』や官尊民卑」を巡る問題が提示された。

質疑応答では様々な視点からの質問がなされたけれども、近衛内閣の無定見さに切り込む質問が目立った。〔田口仁〕

関連記事

  1. 忠臣の鑑・文天祥 ― 第6回「『靖献遺言』を読む会」(8月4日)

  2. 万葉集と日本文化 ― 東京で民族文化研究会例会〔9月8日〕

  3. 相互扶助と祖霊祭祀 ― 京都で民族文化研究会〔3月21日〕

  4. フランスの司法と平成の大嘗祭 ― 東京で民族文化研究会〔4月28日〕

  5. 神道から琵琶楽まで―京都で民族文化研究会〔12月16日〕

  6. モンゴルという視点 ― 東都で昭和12年学会公開研究会〔2月22日〕

  7. 国を亡ぼすまで戦う覚悟 ― 東都で崎門学研究会(6月13日)

  8. 乃木大将と山鹿流 ― 崎門学研究会特別講座〔9月1日〕

  9. 御召列車がなくなる?―行幸啓における列車などの貸し切りを止めることを検討していると報道〔12月15日…

今月の人気記事





PAGE TOP