保田與重郎は萬葉集を如何に読んだか―大神神社で再興・第6回桜井かぎろひ忌〔10月4日〕

昭和を代表する文人・保田與重郎の命日にあたる10月4日、郷里・桜井の大神神社において、再興・第6回かぎろひ忌が開催された。

長岡千尋氏(談山神社宮司)による遺詠奉唱

実行委員会事務局長を務める金子清作氏(與喜天満神社宮司)の司会により始まった祭典は、保田節氏(保田與重郎の次男の未亡人)による挨拶から始まり、遺影に対する巫女の献花、長岡千尋氏(談山神社宮司)による遺影奉唱、小堀邦夫氏(靖国神社元宮司)による来賓挨拶に引き続き、本誌の金子宗德編集長が「保田與重郎と萬葉集の精神」と題して記念講演を行った。

小堀邦夫氏(靖国神社元宮司)による来賓挨拶

関連記事

  1. 山崎闇斎の学統を受け継いで―『﨑門学報』(第14号)発行〔12月1日〕/保建大記を読む会〔12月2日…

  2. 批判的聖教量価値認識の必要性 ― 東都で国体思想研究会・第52回例会(6月19日)

  3. 旧イタリア王室で当主の継承を巡る争いが表面化〔1月14日〕

  4. 早稲田と愛国 ― 東京で民族文化研究会東京地区第23回定例研究会〔11月17日〕

  5. 万葉集と日本文化 ― 東京で民族文化研究会例会〔9月8日〕

  6. 悲劇の国王を偲び奉る ― ルイ16世追悼ミサ〔1月21日〕

  7. 御召列車がなくなる?―行幸啓における列車などの貸し切りを止めることを検討していると報道〔12月15日…

  8. モンゴルという視点 ― 東都で昭和12年学会公開研究会〔2月22日〕

  9. 三味線から日本的刑法まで ― 京都で民族文化研究会〔3月9日〕

今月の人気記事

  1. 登録されている記事はございません。




PAGE TOP