保田與重郎は萬葉集を如何に読んだか―大神神社で再興・第6回桜井かぎろひ忌〔10月4日〕

昭和を代表する文人・保田與重郎の命日にあたる10月4日、郷里・桜井の大神神社において、再興・第6回かぎろひ忌が開催された。

長岡千尋氏(談山神社宮司)による遺詠奉唱

実行委員会事務局長を務める金子清作氏(與喜天満神社宮司)の司会により始まった祭典は、保田節氏(保田與重郎の次男の未亡人)による挨拶から始まり、遺影に対する巫女の献花、長岡千尋氏(談山神社宮司)による遺影奉唱、小堀邦夫氏(靖国神社元宮司)による来賓挨拶に引き続き、本誌の金子宗德編集長が「保田與重郎と萬葉集の精神」と題して記念講演を行った。

小堀邦夫氏(靖国神社元宮司)による来賓挨拶

関連記事

  1. 「正気歌(せいきのうた)」 ― 東京都内で『靖献遺言』を読む会〔10月15日〕

  2. 「超限戦」に備えよ ― 東都で渡部悦和氏が講演〔9月27日〕

  3. 三島由紀夫作品の朗読会『花ざかりの森』『天人五衰』〔3月23日〕

  4. 始原を追い求める意志 ― 東都で王権学会の公開研究会〔7月8日〕

  5. 「神皇正統記」・岡倉天心・水戸学 ― 先人たちの足跡を辿る〔7月6日~7日〕

  6. 三味線から日本的刑法まで ― 京都で民族文化研究会〔3月9日〕

  7. 真の勇者とは ― 東都で崎門学研究会(9月6日)

  8. 韓国という「核心的利益」 ― 元陸将が千田会で講演〔8月10日〕

  9. 乃木大将と山鹿流 ― 崎門学研究会特別講座〔9月1日〕

今月の人気記事

  1. 登録されている記事はございません。




PAGE TOP