保田與重郎は萬葉集を如何に読んだか―大神神社で再興・第6回桜井かぎろひ忌〔10月4日〕

昭和を代表する文人・保田與重郎の命日にあたる10月4日、郷里・桜井の大神神社において、再興・第6回かぎろひ忌が開催された。

長岡千尋氏(談山神社宮司)による遺詠奉唱

実行委員会事務局長を務める金子清作氏(與喜天満神社宮司)の司会により始まった祭典は、保田節氏(保田與重郎の次男の未亡人)による挨拶から始まり、遺影に対する巫女の献花、長岡千尋氏(談山神社宮司)による遺影奉唱、小堀邦夫氏(靖国神社元宮司)による来賓挨拶に引き続き、本誌の金子宗德編集長が「保田與重郎と萬葉集の精神」と題して記念講演を行った。

小堀邦夫氏(靖国神社元宮司)による来賓挨拶

関連記事

  1. 忠臣の鑑・文天祥 ― 第6回「『靖献遺言』を読む会」(8月4日)

  2. 奉祝「紀元節」―全国各地で奉祝集会〔2月11日/12日〕

  3. 「キシダママ」とは如何なる人か? ― 京都で民族文化研究会〔11月16日〕

  4. 三味線から日本的刑法まで ― 京都で民族文化研究会〔3月9日〕

  5. 諸葛亮と陶淵明 ― 第5回『靖献遺言を読む会』を読む会(6月2日)

  6. 福田恒存、そして西郷隆盛 ― 京都で民族文化研究会例会〔9月22日〕

  7. 尊皇倒幕のバイブル ― 第1回『靖献遺言』を読む会〔1月20日〕

  8. 思想的混迷の由来 ― 東京でカトリック復興の集い〔6月1日〕

  9. 正定事件から宮沢俊義まで ― 昭和12年学会第4回公開研究会〔4月20日〕

今月の人気記事





PAGE TOP