浸透する韓国人 ― 高山正之氏が東京で講演〔11月23日〕

11月23日、東京の文京区民センターで、《千田会》の主催により「高山正之の変見自在」と題する講演会が行われた。

高山氏はGSOMIAの話題から話を始めた。韓国は延長手続きを止めることは痛くも痒くもないと言いながら、後にGSOMIAからの撤退を保留した。これだけを取っても韓国はメチャクチャである、と高山氏は指摘。

スポーツ、例えばプロゴルフでは、多くの韓国人が活躍している。また、情報通信産業でも韓国企業の存在感は大きい。このように韓国は特定の分野に人や金を集中しているのだ。

また、少なからぬ韓国人が日本に定住しているが、それは特定の地域に集中しており、そこは、日本であって日本でない、「自治区」とも言うべき様相を呈している。

現在、我が国では少子化が進んでいるけれども、他国の者を受け入れることについては慎重でなければならないと結んだ。〔千田会事務局・渡辺雅仁〕

関連記事

  1. 「革命」は現在進行形である ― 東京でフランス革命を見直す国際シンポジウム〔7月13日・14日〕

  2. 乃木大将と山鹿流 ― 崎門学研究会特別講座〔9月1日〕

  3. 台湾に残る日本精神 ― 拳骨拓史氏が千田会で講演〔6月23日〕

  4. 西郷隆盛を問い直す ― 東京と姫路で講演会〔11月15日/17日〕

  5. 悲劇の国王を偲び奉る ― ルイ16世追悼ミサ〔1月21日〕

  6. 書家にして義人・顔真卿 ― 第2回『靖献遺言』を読む会〔2月3日〕

  7. 近代日本と満洲 ― 第57回国体文化講演会〔3月15日〕

  8. 「傲慢だぞ日蓮主義者」・「阿片的宗教意識」 ― 東京都内で国体思想研究会〔11月29日〕

  9. 真の勇者とは ― 東都で崎門学研究会(9月6日)

今月の人気記事

  1. 登録されている記事はございません。




PAGE TOP