浸透する韓国人 ― 高山正之氏が東京で講演〔11月23日〕

11月23日、東京の文京区民センターで、《千田会》の主催により「高山正之の変見自在」と題する講演会が行われた。

高山氏はGSOMIAの話題から話を始めた。韓国は延長手続きを止めることは痛くも痒くもないと言いながら、後にGSOMIAからの撤退を保留した。これだけを取っても韓国はメチャクチャである、と高山氏は指摘。

スポーツ、例えばプロゴルフでは、多くの韓国人が活躍している。また、情報通信産業でも韓国企業の存在感は大きい。このように韓国は特定の分野に人や金を集中しているのだ。

また、少なからぬ韓国人が日本に定住しているが、それは特定の地域に集中しており、そこは、日本であって日本でない、「自治区」とも言うべき様相を呈している。

現在、我が国では少子化が進んでいるけれども、他国の者を受け入れることについては慎重でなければならないと結んだ。〔千田会事務局・渡辺雅仁〕

関連記事

  1. 神武建国を偲ぶ ― 東都で第36回紀元節奉祝式典〔2月11日〕

  2. 近代日本と満洲 ― 第57回国体文化講演会〔3月15日〕

  3. 中華人民共和国にとっての70年 ― 東都で樋泉克夫氏が講演〔1月25日〕

  4. グローバリゼーションと日本国体―金子編集長が都内で講演〔3月30日〕

  5. より広汎な経済対策を ― 福岡のフリーランサー団体が首相官邸に要望書を提出〔3月9日〕

  6. 能楽から見沢知廉まで ― 京都で民族文化研究会〔1月13日〕

  7. 「御代替わりに際して~あらためて国体とは何か」― 金子編集長が三島由紀夫研究会で講演〔4月19日〕

  8. 国を亡ぼすまで戦う覚悟 ― 東都で崎門学研究会(6月13日)

  9. 観念宗学を撃つ ― 東京都内で国体思想研究会〔1月31日〕

今月の人気記事

  1. 登録されている記事はございません。




PAGE TOP