浸透する韓国人 ― 高山正之氏が東京で講演〔11月23日〕

11月23日、東京の文京区民センターで、《千田会》の主催により「高山正之の変見自在」と題する講演会が行われた。

高山氏はGSOMIAの話題から話を始めた。韓国は延長手続きを止めることは痛くも痒くもないと言いながら、後にGSOMIAからの撤退を保留した。これだけを取っても韓国はメチャクチャである、と高山氏は指摘。

スポーツ、例えばプロゴルフでは、多くの韓国人が活躍している。また、情報通信産業でも韓国企業の存在感は大きい。このように韓国は特定の分野に人や金を集中しているのだ。

また、少なからぬ韓国人が日本に定住しているが、それは特定の地域に集中しており、そこは、日本であって日本でない、「自治区」とも言うべき様相を呈している。

現在、我が国では少子化が進んでいるけれども、他国の者を受け入れることについては慎重でなければならないと結んだ。〔千田会事務局・渡辺雅仁〕

関連記事

  1. トランプ大統領の世界史的役割―吉川圭一氏の出版記念会(3月25日)

  2. 「前近代」という基盤 ― 京都で民族文化研究会〔10月19日〕

  3. 自衛隊の足を引っ張る内閣法制局 ― 川又弘道陸将が講演〔3月9日〕

  4. 米中対立の底流と東南アジアの現状 ― グローバリゼーション研究所講演会〔1月26日〕

  5. 韓国という「核心的利益」 ― 元陸将が千田会で講演〔8月10日〕

  6. 「御代替わりに際して~あらためて国体とは何か」― 金子編集長が三島由紀夫研究会で講演〔4月19日〕

  7. 混迷する香港情勢を読み解く ― 東京で樋泉克夫氏が講演〔9月28日〕

  8. 黄色いベスト運動の真相 ― フランス国王・ルイ20世のお言葉〔12月8日〕

  9. 「キシダママ」とは如何なる人か? ― 京都で民族文化研究会〔11月16日〕

今月の人気記事

  1. 登録されている記事はございません。




PAGE TOP