浸透する韓国人 ― 高山正之氏が東京で講演〔11月23日〕

11月23日、東京の文京区民センターで、《千田会》の主催により「高山正之の変見自在」と題する講演会が行われた。

高山氏はGSOMIAの話題から話を始めた。韓国は延長手続きを止めることは痛くも痒くもないと言いながら、後にGSOMIAからの撤退を保留した。これだけを取っても韓国はメチャクチャである、と高山氏は指摘。

スポーツ、例えばプロゴルフでは、多くの韓国人が活躍している。また、情報通信産業でも韓国企業の存在感は大きい。このように韓国は特定の分野に人や金を集中しているのだ。

また、少なからぬ韓国人が日本に定住しているが、それは特定の地域に集中しており、そこは、日本であって日本でない、「自治区」とも言うべき様相を呈している。

現在、我が国では少子化が進んでいるけれども、他国の者を受け入れることについては慎重でなければならないと結んだ。〔千田会事務局・渡辺雅仁〕

関連記事

  1. 朝鮮戦争の英雄を訪ねて ― 拳骨拓史先生と巡る韓国歴史巡りツアー〔11月24日~25日〕

  2. 淘宮術と鈴木重胤 ― 京都で民族文化研究会〔7月18日〕

  3. 尊皇倒幕のバイブル ― 第1回『靖献遺言』を読む会〔1月20日〕

  4. 写真で振り返る両陛下の歩み ― 大丸松坂屋百貨店で写真展『天皇皇后両陛下・ともに歩まれた60年展』

  5. 尺八から元号まで ― 京都で民族文化研究会〔4月20日〕

  6. 神道から琵琶楽まで―京都で民族文化研究会〔12月16日〕

  7. 信仰を貫くとは? ― 東京で第19回『宗教問題』読者の集い〔1月17日〕

  8. 竹下登と権藤正卿 ― 東京で民族文化研究会〔7月21日〕

  9. 忠臣たるものは二君に仕えず ― 『靖献遺言』を読む会〔5月23日〕

今月の人気記事

  1. 登録されている記事はございません。




PAGE TOP