竹下登と権藤正卿 ― 東京で民族文化研究会〔7月21日〕

7月21日午後、東京都新宿区の早稲田奉仕園にて民族文化研究会(会長:輿石逸貴弁護士)東京地区第21回定例研究会が開催された。

報告者は、田口仁氏(里見日本文化学研究所講学生)と小野耕資氏(同会副会長・大アジア研究会代表・里見日本文化研究所研究員)。

田口氏の報告は「失われた調整型政治家 竹下登」で、日本型政治家の理念としての「調整」や、選挙制度を軸に現代日本政治の欠陥を論じるものであった。

小野氏の報告は「権藤成卿の君民同治論」で、同氏が一部執筆した権藤成卿研究会編『権藤成卿の君民共治論』(展転社)刊行を受け、権藤の人物・思想と、『君民共治論』『自治民範』の内容を概観するものであった。〔渡貫賢介〕

関連記事

  1. 克服すべきは近代主義 ― 東京でカトリック復興の集い〔12月1日〕

  2. 自己反省なき「遺言」 ― 西尾幹二ロングインタビュー

  3. 吉田茂の虚像 ― 東京で杉原誠四郎氏の講演会〔5月19日〕

  4. 「明治の精神」を問い直す ― 東京で国体文化講演会〔12月7日〕

  5. 「正統」とは何か ― 東京で崎門学研究会〔5月5日〕

  6. 尺八から元号まで ― 京都で民族文化研究会〔4月20日〕

  7. 書家にして義人・顔真卿 ― 第2回『靖献遺言』を読む会〔2月3日〕

  8. 台湾に残る日本精神 ― 拳骨拓史氏が千田会で講演〔6月23日〕

  9. 声明からファーブルまで ― 東京と京都で民族文化研究会〔11月3日/25日〕

関連サイト





PAGE TOP