竹下登と権藤正卿 ― 東京で民族文化研究会〔7月21日〕

7月21日午後、東京都新宿区の早稲田奉仕園にて民族文化研究会(会長:輿石逸貴弁護士)東京地区第21回定例研究会が開催された。

報告者は、田口仁氏(里見日本文化学研究所講学生)と小野耕資氏(同会副会長・大アジア研究会代表・里見日本文化研究所研究員)。

田口氏の報告は「失われた調整型政治家 竹下登」で、日本型政治家の理念としての「調整」や、選挙制度を軸に現代日本政治の欠陥を論じるものであった。

小野氏の報告は「権藤成卿の君民同治論」で、同氏が一部執筆した権藤成卿研究会編『権藤成卿の君民共治論』(展転社)刊行を受け、権藤の人物・思想と、『君民共治論』『自治民範』の内容を概観するものであった。〔渡貫賢介〕

関連記事

  1. 神武建国を偲ぶ ― 東都で第36回紀元節奉祝式典〔2月11日〕

  2. 昭和12年学会第1回公開研究会〔1月19日〕

  3. 「近代化」とは何か ― 京都で民族文化研究会〔12月21日〕

  4. 鯨食文化の復興はなるか ― 政府がIWC(国際捕鯨委員会)から脱退〔12月26日〕

  5. 米中対立の底流と東南アジアの現状 ― グローバリゼーション研究所講演会〔1月26日〕

  6. 《時の流れ研究会》が「『皇位の安定的な継承を確保するための諸課題』についての見解」を発表〔4月19日…

  7. 中共の人権弾圧に抗議する国際的連帯行動 ― 東都でResist China 日本(10月1日)

  8. 護衛艦の雄姿 ― 蒲郡まつりに2隻が来航〔7月28日〕

  9. より広汎な経済対策を ― 福岡のフリーランサー団体が首相官邸に要望書を提出〔3月9日〕

今月の人気記事

  1. 登録されている記事はございません。




PAGE TOP