護衛艦の雄姿 ― 蒲郡まつりに2隻が来航〔7月28日〕

夏の行楽シーズンとなり、各地でイヴェントが開催されているが、7月28日、台風一過の青空の下で第37回蒲郡まつりが催された。

その一環として、海上自衛隊の護衛艦2隻(あさゆき・きりしま)が蒲郡港に来航して一般公開が行われ、多くの人々が来場した(本来なら27日も行われる予定であったが、生憎の台風で来港の歓迎セレモニーなどは中止)。

両艦ともに一般の見学は甲板部分に限られていたが、団体で受け付けすれば自衛官の案内で内部も見学出来るようであった。甲板部分では、自衛官の制服試着体験やロープの結びつけ体験など、親子で楽しめる試みがなされていた。さらに船首や船尾部分では、自衛官によるラッパや自衛隊体操の実演なども行われた。また、主砲を実際に旋回させたり薬莢を排出させたりなどもなされた。蒲郡に護衛艦が来訪したのは初めてである上に、航空自衛隊岐阜基地からF15が飛来したり、陸上自衛隊の車両が展示されたりと盛りだくさんの内容であった。

自衛隊に対する国民の理解を深めるためにも、来年以降も来航を期待したい。〔三浦充基〕

関連記事

  1. 悲劇の国王を偲び奉る ― ルイ16世追悼ミサ〔1月21日〕

  2. イタリア人から現代日本への警告 ― 三島由紀夫研究会公開講座〔2月25日〕

  3. 尺八から元号まで ― 京都で民族文化研究会〔4月20日〕

  4. 声明からファーブルまで ― 東京と京都で民族文化研究会〔11月3日/25日〕

  5. 「明治の精神」を問い直す ― 東京で国体文化講演会〔12月7日〕

  6. 黄色いベスト運動の真相 ― フランス国王・ルイ20世のお言葉〔12月8日〕

  7. 台湾に残る日本精神 ― 拳骨拓史氏が千田会で講演〔6月23日〕

  8. 昭和12年における軍事と外交 ― 昭和12年学会第3回公開研究会〔3月16日〕

  9. 神道から琵琶楽まで―京都で民族文化研究会〔12月16日〕

関連サイト





PAGE TOP