悲劇の国王を偲び奉る ― ルイ16世追悼ミサ〔1月21日〕

1793年1月21日、ルイ16世は権力の簒奪者たる国民公会の議決により弑逆し奉られた。

囚われの身となられたルイ16世

226年、御命日にはフランス各地で追悼ミサが捧げられているが、本年は日本国内でも初めて追悼ミサが捧げられた。

祈りを捧げるトマス小野田圭志神父

曙町児童会館(東京都文京区)で早朝7時から行われたミサには、フランス人のみならず、アメリカ人や(大阪から足を運ばれた)イギリス人、そして日本人も含む10数名が参列し、聖ピオ十世会のトマス小野田圭志神父の司祭により、ルイ16世の殉教を偲び、天主の執り成しを祈った。〔Paul de Lacvivier〕

関連記事

  1. 川面凡児の神道思想 ― 京都で民族文化研究会例会〔8月31日〕

  2. 自己反省なき「遺言」 ― 西尾幹二ロングインタビュー

  3. 共産主義を巡る諸問題 ― 東京で王権学会〔8月26日〕

  4. 明治天皇の御聖徳を偲ぶ ― 桃山御陵参拝団〔11月3日〕

  5. 1937年のアクシオン・フランセーズ ― 東都で昭和12年学会公開研究会(3月22日)

  6. 神道から琵琶楽まで―京都で民族文化研究会〔12月16日〕

  7. 旧イタリア王室で当主の継承を巡る争いが表面化〔1月14日〕

  8. 葦津珍彦と「荒魂」の研究動向 ― 京都で民族文化研究会〔8月22日〕

  9. 崎門学の先人を偲ぶ ― 京津の史蹟を歴訪〔2月22日~24日〕

今月の人気記事





PAGE TOP