令和初の新年一般参賀に6万8000人〔1月2日〕

1月2日、令和初の新年一般参賀が皇居で行われた。天皇・皇后両陛下におかせられては、午前3回・午後2回の計5回、長和殿のベランダに立たれた。

なお、午前の3回には上皇・上皇后陛下もベランダに立たれたものゝ、ベランダ中央の位置を天皇・皇后両陛下に譲られた御様子を拝し、改めて『御代がわり』を実感した。

また、第1回目のお出ましはNHK総合テレビでも中継されたが、右や左に目配りしつゝ噛み締めるように言葉を発せられる天皇陛下の御姿が極めて印象的であった。

お出ましになった皇族の半数以上は女性であり、天皇陛下および上皇陛下を除く男性皇族は皇嗣である文仁親王殿下と車椅子に乗られた正仁親王殿下のみであった。これは皇位継承資格を有する男性皇族が少ないことを意味し、安定的な皇位継承を可能ならしめる方針を策定することが急がれる。〔東山邦守〕

関連記事

  1. 米中対立の底流と東南アジアの現状 ― グローバリゼーション研究所講演会〔1月26日〕

  2. 神道から琵琶楽まで―京都で民族文化研究会〔12月16日〕

  3. 立場の隔たりを認めつつ学術的基礎を踏まえた建設的議論 ― 大阪で「皇室の弥栄を祈る」討論会〔12月2…

  4. 韓国という「核心的利益」 ― 元陸将が千田会で講演〔8月10日〕

  5. 声明からファーブルまで ― 東京と京都で民族文化研究会〔11月3日/25日〕

  6. 神武建国を偲ぶ ― 東都で第36回紀元節奉祝式典〔2月11日〕

  7. 顔真卿の同志・張巡 ― 第3回『靖献遺言』を読む会〔3月3日〕

  8. 楠公崇敬の崇敬の歴史 ― 湊川神社で垣田宮司が講演〔4月21日〕

  9. 三味線から日本的刑法まで ― 京都で民族文化研究会〔3月9日〕

今月の人気記事





PAGE TOP