堕胎という悪しき慣習を克服するために ― 東京と大阪でマーチ・フォー・ライフ〔7月23日・24日〕

マーチ・フォー・ライフは堕胎に反対する意思表示としてアメリカで始まり、日本でも今年で七回目を迎える。

本年も、例年と同じく「生みの日」に掛けて7月23日の「海の日」に、コロナ禍に加えて雨の降る中、日本の赤ちゃんに対する御加護を願う国籍・年齢・性別を問わない約80名のカトリック信徒が集まり、「聖母」マリアの像を掲げ、ロザリオ(祈り)を捧げつつ、常盤公園(中央区)から日比谷公園(千代田区)までを約一時間に亘って歩き通した。翌24日には、大阪でもマーチ・フォー・ライフが初めて開催され、約30名が集まった。それに合わせ、23日の夜に「バーチャルマーチ」と題して国際オンライン会議が開催され、約300名が視聴した。

日本では一年に約10万人の胎児が殺されているが、それに対する社会的関心は薄い。だが、そのおぞましさは、一過的な天災に過ぎぬコロナ禍とは比較にならぬほど大きい。日本の亡国を避けるためにも、そして、日本が真の意味で生命を大切にする社会となるためにも、堕胎を禁止すること、そして、家族を大切にする文化を取り戻すことが必要となるのではないか。

日本を大切にしようと思う人々が、来年のマーチに数多く参加されることを期待する。(ポール・ド・ラクビビエ)

関連記事

  1. スペイン前国王の金銭スキャンダル ― かつては、スペイン民主化の立役者として国民の敬愛を集めていたが…

  2. 1937年のアクシオン・フランセーズ ― 東都で昭和12年学会公開研究会(3月22日)

  3. 自己反省なき「遺言」 ― 西尾幹二ロングインタビュー

  4. 奉祝「紀元節」―全国各地で奉祝集会〔2月11日/12日〕

  5. 「沖縄のジャンヌ・ダルク」が故郷の危機を訴える ― 我那覇真子女史が東京で講演〔10月20日〕

  6. 国学者と神道人 ― 京都で民族文化研究会〔1月11日〕

  7. 国を亡ぼすまで戦う覚悟 ― 東都で崎門学研究会(6月13日)

  8. 気象予報士の半井小絵さん 福岡で拉致問題をテーマに講演〔3月20日〕

  9. 旧イタリア王室で当主の継承を巡る争いが表面化〔1月14日〕

今月の人気記事





PAGE TOP