神道から琵琶楽まで―京都で民族文化研究会〔12月16日〕

12月16日午後、貸会議室オフィスゴコマチ(京都市)にて、民族文化研究会関西地区・第8回定例研究会が開催された。

報告者は中村龍一氏と竹見靖秋氏。

四ノ宮琵琶

中村氏は、「日本音樂を私達の生活に取り戻すために(第四囘)―琵琶樂」と題し、琵琶楽の歴史的沿革を概観した。また、四ノ宮琵琶といった、現代における琵琶楽の復興運動についても紹介した。

続いて、竹見氏が、「教義の非制定」と題し、神道における統一教義の不在問題を、「祭神論争」と「別天神論争」を中心とした、近代の神道界で勃発した教学論争を取り上げることで考察する。多様な神学的立場が混在するなか、それでも神道界の団結を図るため、統一教義の非制定が、ある種の戦略となってきたと結論付けられた。

その後、里見岸雄『天皇とプロレタリア』を輪読する。

今回も活発な議論が展開され、盛会となった。〔S・A〕

関連記事

  1. 立場の隔たりを認めつつ学術的基礎を踏まえた建設的議論 ― 大阪で「皇室の弥栄を祈る」討論会〔12月2…

  2. 「近代化」とは何か ― 京都で民族文化研究会〔12月21日〕

  3. 約20万人が拝観 ― 東京国立博物館で高御座・御帳台が特別公開〔12月22日~1月19日〕

  4. 自己反省なき「遺言」 ― 西尾幹二ロングインタビュー

  5. 「明治の精神」を問い直す ― 東京で国体文化講演会〔12月7日〕

  6. 忠臣たるものは二君に仕えず ― 『靖献遺言』を読む会〔5月23日〕

  7. 「キシダママ」とは如何なる人か? ― 京都で民族文化研究会〔11月16日〕

  8. 陸羯南の現代的意義 ― 小野耕資氏が東都で講演〔11月8日〕

  9. 「御代替わりに際して~あらためて国体とは何か」― 金子編集長が三島由紀夫研究会で講演〔4月19日〕

今月の人気記事

  1. 登録されている記事はございません。




PAGE TOP