川面凡児の神道思想 ― 京都で民族文化研究会例会〔8月31日〕

8月31日午後、貸会議室オフィスゴコマチ(京都市)にて、民族文化研究会関西地区第16回定例研究会が開催された。

報告者は、湯原静雄氏。「川面凡児の神道思想 ― 近代ナショナリズムにおける宗教・政治・身体」と題し、川面凡児の神道思想をその身体論・身体技法を中心に検討した。川面は一般的には禊の復興者として知られているが、他にも「振玉」「雄建」「雄詰」「伊吹」「鳥船運動」といった独自の神道行法を創案・実践した。これらは、一定の呼吸法・掛け声・身体動作を反復する形を取っており、一種の体操とも理解されている。このように、川面の神道思想では、身体運動を通した修養を志向する身体論・身体技法が、重要な構成要素となっている。

そして、同時代に目を向けると、ナショナリズムが高揚する時代状況を背景に、同様に身体運動を通した修養を志向する身体論・身体技法が幾つも展開されていた。原理日本社の三井甲之や佐藤通次の身体論、筧克彦の「日本体操(やまとばたらき)」の提唱などが、具体的事例として挙げられる。本報告では、特異な身体論・身体技法をもつ川面の神道思想を検討することによって、こうした同時代の身体論・身体技法を理解するための理論的準拠枠を獲得することが目指された。

続いて、里見岸雄『討論天皇』の輪読を行った。今回も活発な質疑応答がなされ、盛会だった。

関連記事

  1. 鯨食文化の復興はなるか ― 政府がIWC(国際捕鯨委員会)から脱退〔12月26日〕

  2. あゝ、楠子の忠義、また天壌とともに窮りなきものか ― 千葉で浦安日本塾〔8月22日〕

  3. 支那の虚像と実態 ― 東京で昭和12年学会公開研究会〔5月18日〕

  4. 崎門学の先人を偲ぶ ― 京津の史蹟を歴訪〔2月22日~24日〕

  5. 混迷する香港情勢を読み解く ― 東京で樋泉克夫氏が講演〔9月28日〕

  6. 中共の人権弾圧に抗議する国際的連帯行動 ― 東都でResist China 日本(10月1日)

  7. 歴史を「横割り」で見る ― 東京で昭和12年学会研究発表大会〔11月10日〕

  8. 葦津珍彦と「荒魂」の研究動向 ― 京都で民族文化研究会〔8月22日〕

  9. 古典宗学への拘泥も否、新仏教学への耽溺も否 ― 東都で国体思想研究会〔3月6日〕

今月の人気記事

  1. 登録されている記事はございません。




PAGE TOP