能楽から見沢知廉まで ― 京都で民族文化研究会〔1月13日〕

1月13日午後、貸会議室オフィスゴコマチ(京都府京都市)にて、民族文化研究会関西地区第九回定例研究会が開催された。

報告者は中村龍一氏と半木糺氏。

中村氏は、「日本音樂を私達の生活に取り戻すために(第五囘)―能樂」と題し、能楽の歴史的沿革を概観。能楽は、平成十三年に世界無形文化遺産に登録され、その芸術的価値が世界的に注目されており、同報告を通じて概要を知る貴重な機会となった。

見沢知廉

続いて、半木氏が、「見沢文学の可能性―『天皇ごっこ』を読む」と題し、見沢知廉〔昭和34年(1959)~平成17年(2005)〕が展開した文学の可能性を考察。見沢の作品が文芸批評において全く取り上げられない現状について触れた上で、見沢文学を再考する端緒として『天皇ごっこ』の読解が試みられた。見沢文学は、作者の自殺により主題の完全な結実を迎えぬまま途絶したが、こうした未熟性や未完成性を可能性と捉えるべきと結論づけた。

その後、里見岸雄『天皇とプロレタリア』を輪読。今回も活発な議論が展開された。〔S・A〕

関連記事

  1. 「雪中の松柏」 ― 東都で崎門学研究会〔1月19日〕

  2. 批判的聖教量価値認識の必要性 ― 東都で国体思想研究会・第52回例会(6月19日)

  3. 「近代化」とは何か ― 京都で民族文化研究会〔12月21日〕

  4. 正定事件から宮沢俊義まで ― 昭和12年学会第4回公開研究会〔4月20日〕

  5. 信仰を貫くとは? ― 東京で第19回『宗教問題』読者の集い〔1月17日〕

  6. 筝曲・神道・紀元節・大嘗祭 ― 東京と京都で民族文化研究会〔2月9日/16日〕

  7. 吉田松陰「留魂録」を読む ― 千葉で第一回・浦安日本塾が開講(6月27日)

  8. あゝ、楠子の忠義、また天壌とともに窮りなきものか ― 千葉で浦安日本塾〔8月22日〕

  9. 米中対立の底流と東南アジアの現状 ― グローバリゼーション研究所講演会〔1月26日〕

今月の人気記事





PAGE TOP