明治天皇の御聖徳を偲ぶ ― 桃山御陵参拝団〔11月3日〕

明治天皇が御生誕あそばされたのは、旧暦の嘉永6年9月22日、現在の暦に換算すると1852年11月3日にあたる。

それから166年目の11月3日午前、明治天皇の御聖徳を慕う関西の国民有志が明治天皇の鎮まられている桃山御陵(京都市)に参拝した。この参拝団は、平成3年の開始以来、本年で27回目を数える。

明治天皇御陵に参進した一同は、最敬礼に引き続き国歌斉唱。また、天皇の御製「末つひにならざらめやは國のため民のためにとわがおもふこと」を一同で奉唱した後、表白文を石見哲三氏〔国柱会近畿連合局局長〕が奏上。再び最敬礼をした後に「明治節の歌」を参加者一同で斉唱。

昭憲皇太后御陵に移動し、最敬礼に引き続き国歌斉唱。さらに、皇太后の御歌「磨かずば玉のひかりはいでざらむ人のこころもかくこそあるらし」を奉唱して最敬礼。

その後、明治天皇御陵前にて黒田裕樹氏〔大阪府立高等学校教員〕による臨場講話。「明治天皇と乃木将軍」と題し、明治天皇の聖恩と乃木希典の忠誠を情感たっぷりに語るものだった。

最後に、《明治の日推進協議会》企画委員である本誌の金子宗德編集長から「明治の日」制定運動の現状報告と、署名運動など制定に向けて最後の一押しを御願いする訴えがあった。〔M・K〕

関連記事

  1. 「草莽」とは何か ― 浦安日本塾〔10月24日〕

  2. イタリア人から現代日本への警告 ― 三島由紀夫研究会公開講座〔2月25日〕

  3. 大正の大嘗祭を偲ぶ ― 愛知県岡崎市にて六ツ美悠紀斎田お田植えまつり〔6月2日〕

  4. 山崎闇斎の学統を受け継いで―『﨑門学報』(第14号)発行〔12月1日〕/保建大記を読む会〔12月2日…

  5. より広汎な経済対策を ― 福岡のフリーランサー団体が首相官邸に要望書を提出〔3月9日〕

  6. 崎門学の先人を偲ぶ ― 京津の史蹟を歴訪〔2月22日~24日〕

  7. 「革命」は現在進行形である ― 東京でフランス革命を見直す国際シンポジウム〔7月13日・14日〕

  8. 尊皇倒幕のバイブル ― 第1回『靖献遺言』を読む会〔1月20日〕

  9. 川面凡児の神道思想 ― 京都で民族文化研究会例会〔8月31日〕

今月の人気記事

  1. 登録されている記事はございません。




PAGE TOP