京都御所とは如何なる場所か?/橘守部の神道思想 ― 京都で民族文化研究会(6月20日)

6月20日(土)午後、貸会議室オフィ スゴコマチ(京都市)で、民族文化研究会関西地区第25回定例研究会が開催された。緊急事態宣言が解除されたことを受け、今回の研究会から通常の会場での開催に切り替えた。

報告者は中村龍一氏と湯原。

まず、中村氏が、「京都御所と近代京都のつながり ― 令和時代の御所の在り方を探して」と題し、近代以降の京都御所の沿革を概観した。京都御所は、時代 によって異なる空間へと変遷しつつ、その在り方が京都市民にも大きな影響を与え、京都という都市の方向性そのものを規定してきた。

たとえば、明治期における御所の保存と御苑の整備が、東京遷都によって衰退していた京都市街の再整備に繋がった。また、大正期には、即位礼・大礼奉祝行事を契機に、御所・御苑の公開性が高まり、大正デモクラシーの影響もあり、市民の自由な空間を京都市街において出現 させた。

本報告では、こうした京都御所と京都市街のつながりを踏まえ、その歴史的沿革を概観することで、令和時代における御所の在り方と、京都という都市の将来を考察する。現在の単なる文化財・公園という御所・御苑の在り方にとどまらず、御所・御苑を国民精神を涵養する場へと転換させ、それを京都の地域振興へと繋げることが提案された。

続いて、湯原が、「近世期における神道神学の展開 ― 中野裕三『国学者の神信仰』を読む(第3回)」と題し、中野裕三『国学者の神信仰』を精読することで、国学者の神道思想の現代的意義を検討した。前回は第一編「本居宣長の神信仰」を紹介したが、今回は第二編「橘守部の神信仰」を検討する。

この章では、従来の橘守部研究の課題を踏まえ、守部の神道思想が概観される。 宣長批判者として知られる守部の神道思想を検討することで、宣長の神道思想がいかに継承・克服されたかを知ることができる。しかし、村岡典嗣・加藤玄智による戦前期の守部研究は、守部の神道思想の全体像を把握せず、表層的な解釈にとどまっていた。本章では、文献学的なアプローチも援用し、守部の神道思想の発展過程を明らかにし、宣長から受けた影響を分析した。〔湯原静雄〕

関連記事

  1. 御召列車がなくなる?―行幸啓における列車などの貸し切りを止めることを検討していると報道〔12月15日…

  2. 三島由紀夫読詠会『潮騒』を読む #三島没後50周年〔1月23日〕

  3. 楠公崇敬の崇敬の歴史 ― 湊川神社で垣田宮司が講演〔4月21日〕

  4. 護衛艦の雄姿 ― 蒲郡まつりに2隻が来航〔7月28日〕

  5. 天皇論の形而上学 ― 東都で歿後49年・三島由紀夫氏追悼の集い「憂国忌」〔11月25日〕

  6. 万葉集と日本文化 ― 東京で民族文化研究会例会〔9月8日〕

  7. 「雪中の松柏」 ― 東都で崎門学研究会〔1月19日〕

  8. 能楽から見沢知廉まで ― 京都で民族文化研究会〔1月13日〕

  9. 「沖縄のジャンヌ・ダルク」が故郷の危機を訴える ― 我那覇真子女史が東京で講演〔10月20日〕

今月の人気記事





PAGE TOP