フランスの司法と平成の大嘗祭 ― 東京で民族文化研究会〔4月28日〕

4月28日午後、早稲田奉仕園にて民族文化研究会(会長:輿石逸貴弁護士)東京地区第20回定例研究会が開催された。

報告者は、輿石氏と古屋鶴之助氏。

輿石氏は、「フランスと日本の刑事司法制度の比較」と題し、ゴーン氏逮捕を受け、フランスに比べて日本の刑事制度が劣悪であると報道されているが、その多くは誤解にもとづくものであることを指摘した。

古屋氏は、「平成の大嘗祭」と題し、大嘗祭の来歴、明治期における法制化、折口信夫の大嘗祭論に対する疑義、葦津珍彦・上田賢治両氏の大嘗祭に関する論争など広く大嘗祭をめぐる諸問題を解説した。

関連記事

  1. 声明からファーブルまで ― 東京と京都で民族文化研究会〔11月3日/25日〕

  2. 「国体」の実践 ― 国体学講座(第6期)最終講〔2月23日〕

  3. 信仰を貫くとは? ― 東京で第19回『宗教問題』読者の集い〔1月17日〕

  4. 保田與重郎は萬葉集を如何に読んだか―大神神社で再興・第6回桜井かぎろひ忌〔10月4日〕

  5. 近代啓蒙主義とフランス革命への懐疑 ― 東都で王権学会公開研究会〔1月29日〕

  6. 約20万人が拝観 ― 東京国立博物館で高御座・御帳台が特別公開〔12月22日~1月19日〕

  7. 「草莽」とは何か ― 浦安日本塾〔10月24日〕

  8. 黄色いベスト運動の真相 ― フランス国王・ルイ20世のお言葉〔12月8日〕

  9. 令和初の新年一般参賀に6万8000人〔1月2日〕

今月の人気記事

  1. 登録されている記事はございません。




PAGE TOP