フランスの司法と平成の大嘗祭 ― 東京で民族文化研究会〔4月28日〕

4月28日午後、早稲田奉仕園にて民族文化研究会(会長:輿石逸貴弁護士)東京地区第20回定例研究会が開催された。

報告者は、輿石氏と古屋鶴之助氏。

輿石氏は、「フランスと日本の刑事司法制度の比較」と題し、ゴーン氏逮捕を受け、フランスに比べて日本の刑事制度が劣悪であると報道されているが、その多くは誤解にもとづくものであることを指摘した。

古屋氏は、「平成の大嘗祭」と題し、大嘗祭の来歴、明治期における法制化、折口信夫の大嘗祭論に対する疑義、葦津珍彦・上田賢治両氏の大嘗祭に関する論争など広く大嘗祭をめぐる諸問題を解説した。

関連記事

  1. 日本と世界を如何に見るか ― 東京で千田会主催の講演会〔11月24日/25日〕

  2. スペイン前国王の金銭スキャンダル ― かつては、スペイン民主化の立役者として国民の敬愛を集めていたが…

  3. 福田恒存、そして西郷隆盛 ― 京都で民族文化研究会例会〔9月22日〕

  4. 大正の大嘗祭を偲ぶ ― 愛知県岡崎市にて六ツ美悠紀斎田お田植えまつり〔6月2日〕

  5. 支那の虚像と実態 ― 東京で昭和12年学会公開研究会〔5月18日〕

  6. 東京裁判の再検討 ― 東都にて王権学会の特別研究会〔10月3日〕

  7. 立場の隔たりを認めつつ学術的基礎を踏まえた建設的議論 ― 大阪で「皇室の弥栄を祈る」討論会〔12月2…

  8. 「前近代」という基盤 ― 京都で民族文化研究会〔10月19日〕

  9. 先人を偲ぶ ― 大アジア主義研究会有志が谷中墓地内の墓所を巡拝(6月27日)

今月の人気記事

  1. 登録されている記事はございません。




PAGE TOP