「傲慢だぞ日蓮主義者」・「阿片的宗教意識」 ― 東京都内で国体思想研究会〔11月29日〕

11月29日、新宿区内の会議室において第四十九回・国体思想研究会が開催された。

本研究会では、里見岸雄『吼えろ日蓮』を輪読しているが、今回は第二章「此のあはれなる日蓮主義者を見よ」のうち、「傲慢だぞ日蓮主義者」・「阿片的宗教意識」の節を読む。こゝで里見は旧来の神仏概念を鋭く批判し、その無効を宣告している。

それを踏まえ、現役神職を含む参加者で「宗教」を巡る自由討議が行われ、神道・仏教・キリスト教などが検討の俎上に上げられた。本書は日蓮主義に基づく思想書ではなく、「宗教」を根本から問い直そうとするもので、信仰の如何を問わず「宗教」全般に関心のある方の参加を歓迎する。〔東山邦守〕

 

関連記事

  1. 葦津珍彦と「荒魂」の研究動向 ― 京都で民族文化研究会〔8月22日〕

  2. 朝鮮戦争の英雄を訪ねて ― 拳骨拓史先生と巡る韓国歴史巡りツアー〔11月24日~25日〕

  3. 観念宗学を撃つ ― 東京都内で国体思想研究会〔1月31日〕

  4. 写真で振り返る両陛下の歩み ― 大丸松坂屋百貨店で写真展『天皇皇后両陛下・ともに歩まれた60年展』

  5. 尺八から元号まで ― 京都で民族文化研究会〔4月20日〕

  6. 1937年のアクシオン・フランセーズ ― 東都で昭和12年学会公開研究会(3月22日)

  7. 「前近代」という基盤 ― 京都で民族文化研究会〔10月19日〕

  8. 神道や東洋を巡る様々な思想的営為 ― 京都で民族文化研究会〔6月29日〕

  9. 堕胎という悪しき慣習を克服するために ― 東京と大阪でマーチ・フォー・ライフ〔7月23日・24日〕

今月の人気記事

  1. 登録されている記事はございません。




PAGE TOP