「傲慢だぞ日蓮主義者」・「阿片的宗教意識」 ― 東京都内で国体思想研究会〔11月29日〕

11月29日、新宿区内の会議室において第四十九回・国体思想研究会が開催された。

本研究会では、里見岸雄『吼えろ日蓮』を輪読しているが、今回は第二章「此のあはれなる日蓮主義者を見よ」のうち、「傲慢だぞ日蓮主義者」・「阿片的宗教意識」の節を読む。こゝで里見は旧来の神仏概念を鋭く批判し、その無効を宣告している。

それを踏まえ、現役神職を含む参加者で「宗教」を巡る自由討議が行われ、神道・仏教・キリスト教などが検討の俎上に上げられた。本書は日蓮主義に基づく思想書ではなく、「宗教」を根本から問い直そうとするもので、信仰の如何を問わず「宗教」全般に関心のある方の参加を歓迎する。〔東山邦守〕

 

関連記事

  1. 日本と世界を如何に見るか ― 東京で千田会主催の講演会〔11月24日/25日〕

  2. 信仰を貫くとは? ― 東京で第19回『宗教問題』読者の集い〔1月17日〕

  3. 川面凡児の神道思想 ― 京都で民族文化研究会例会〔8月31日〕

  4. 『日本(書)紀』をめぐる諸問題 ― 藝林会がオンラインで学術大会〔10月25日〕

  5. 近代日本と満洲 ― 第57回国体文化講演会〔3月15日〕

  6. 本義を保つべく ― 東京で新嘗を祝ふ集ひ〔11月23日〕

  7. 真の勇者とは ― 東都で崎門学研究会(9月6日)

  8. 「キシダママ」とは如何なる人か? ― 京都で民族文化研究会〔11月16日〕

  9. 《時の流れ研究会》が「『皇位の安定的な継承を確保するための諸課題』についての見解」を発表〔4月19日…

今月の人気記事





PAGE TOP