【広告】1789~2019 フランス革命から230年、伝えられなかった真実を見直そう〔7/13・7/14(東京)〕

1789年7月14日のバスティーユ襲撃を発端としてフランス革命が起こりました。
それから230年、「近代」の起点となったフランス革命を批判的に振り返ります。

フランス革命から230年 伝えられなかった真実を見直そう

特別後援 アンジュ公爵猊下(フランス王統の末裔)
主催 王権学会/ファチマ聖母の会

日時:7月13日(土)10時~19時/7月14日(日)14時~19時

会場:麗澤大学東京研究センター(新宿アイランドタワー4階)

会費:カンパ制(会場費およびフランスからの渡航費用に充当)

次第

7月13日(土)
*小野田圭志〔聖ピオ10世会神父〕…「開会の辞」
*川上洋平〔専修大学法学部准教授〕…「ヨゼフ・ド・メーストルと反革命」
*平坂純一〔批評家〕… 「日本における明治時代以降のフランス革命の受容」
*Paul de Lacvivier〔里見日本文化学研究所特別研究員/國學院大學博士課程〕…「革命裁判と国王・王妃の裁判」
*Philippe Pichot〔ブレスト大学教授〕…「1789年7月14日と1790年7月14日」
*Anne Bernet〔歴史家〕…「武装の反革命―フクロウ党員とヴァンデ」
*Marion Sigaut〔歴史家〕…「国民の名によって」
*Jason Morgan〔麗澤大学准教授〕…「閉会の辞」
7月14日(日)
*小野田圭志…「開会の辞」
*Jason Morgan…「合衆国の独立―革命の前の革命?」
*Michael Matt〔〈The Remnant〉編集長〕…「ヴァンデ地方のカトリック信徒たち:生まれつつある新世界秩序に反対する最初の答え」
*Gabriel Billecocq〔聖ピオ10世会神父〕…「神授君主制から、聖職者民事基本法・至高存在・市民宗教・ナポレオンの政教条約までの革命期における国家と教会との関係」
*Père Jean-François Thomas〔イエズス会神父〕…「文化財破壊と文化遺産概念の発生」
*Paul de Lacvivier &Jason Morgan…「閉会の辞」
※全ての発表に日本語の通訳ないし字幕が付きます。

連絡先:symp.international2019japon@gmail.com

 

関連記事

  1. 山崎闇斎の学統を受け継いで―『﨑門学報』(第14号)発行〔12月1日〕/保建大記を読む会〔12月2日…

  2. 歴史を「横割り」で見る ― 東京で昭和12年学会研究発表大会〔11月10日〕

  3. 「神皇正統記」・岡倉天心・水戸学 ― 先人たちの足跡を辿る〔7月6日~7日〕

  4. 《時の流れ研究会》が「『皇位の安定的な継承を確保するための諸課題』についての見解」を発表〔4月19日…

  5. 思想的混迷の由来 ― 東京でカトリック復興の集い〔6月1日〕

  6. 大正の大嘗祭を偲ぶ ― 愛知県岡崎市にて六ツ美悠紀斎田お田植えまつり〔6月2日〕

  7. 御召列車がなくなる?―行幸啓における列車などの貸し切りを止めることを検討していると報道〔12月15日…

  8. 浸透する韓国人 ― 高山正之氏が東京で講演〔11月23日〕

  9. 朝鮮戦争の英雄を訪ねて ― 拳骨拓史先生と巡る韓国歴史巡りツアー〔11月24日~25日〕

今月の人気記事





PAGE TOP